無料コンテンツ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

無料コンテンツはコンテンツリブレ、または無料の情報、機能的なワーク、のいずれかの一種である芸術作品、または他のクリエイティブコンテンツの定義に合致する自由な文化的な仕事を[1]

定義

自由文化作品(無料コンテンツが)によれば、自由文化作品の定義、人の自由に重大な法的制限を持っていない1:

  • コンテンツを使用し、それを使用することで利益を得る、
  • 内容を研究し、学んだことを適用し、
  • コンテンツのコピーを作成して配布し、
  • コンテンツを変更および改善し、これらの派生物を配布します。[1] [2]

無料コンテンツには、パブリックドメインのすべての作品と、上記の自由を尊重し、支持するライセンス持つ著作権で保護された作品が含まれます。のでベルヌ条約デフォルト助成金の著作権所有者によってほとんどの国で独占制御彼らの作品の上に、著作権の内容は、明示的に通常の仕事の中から文をライセンスの参照または包含することにより、自由に宣言されなければなりません。

通常の日常の使用には非常に多くの異なる定義がありますが、無料のコンテンツは、同じ双子のようではないにしても、オープンコンテンツと法的に非常に似ています。アナロジーは、合法的な違いではなくイデオロギーの違いを説明する、ライバル用語のフリーソフトウェアとオープンソースの使用です。[3] [4] [5]例えば、オープンナレッジ・ファウンデーションオープン定義の定義と同義として『オープン』について説明し自由ものように( 『自由文化作品の定義』でオープンソースの定義無料ソフトウェア定義)。[6]このような無料/オープンコンテンツの場合、両方のムーブメントが同じ3つを推奨しますクリエイティブコモンズライセンスCC BYCC BY-SA、およびCC0[7] [8] [9] [10]

法的な問題

著作権

著作権ロゴ

著作権は法的な概念であり、作品の作成者または作成者に、作品の複製と公演を法的に管理することができます。多くの法域では、これは作品がパブリックドメインに入るまでの期間によって制限されます。著作権法は、知的および芸術的作品の作成者の権利と、それらの作品に基づいて構築する他の人の権利との間のバランスです。著作権の期間中、作者の作品は、その使用がフェアユースでない限り、作者の同意を得てのみコピー、変更、または公に実行することができます。従来の著作権管理では、作者の作品の使用を、作者のコンテンツの使用に対して作者に使用料を支払うか、フェアユースに制限する人に制限しています。次に、作成者が見つからないコンテンツの使用を制限します。[11]最後に、マッシュアップやコラボレーションコンテンツなどの派生物を制限することにより、作成者間に認識される障壁を作成します。[12]

パブリックドメイン

パブリックドメインは、著作権が失効しているか、確立されていない一連の創造的な作品です。また、著作権の対象とならないアイデアや事実[nb1]パブリックドメインの作品とは、作者が作品を一般に放棄したか、作品の配布と使用の管理を主張できなくなった作品のことです。そのため、法的な影響を与えることなく、誰でも作品を操作、配布、またはその他の方法で使用することができます。パブリックドメインの作品またはパーミッシブライセンスの下でリリースされた作品は、「コピーセンターと呼ばれることがあります[13]

コピーレフト

コピーレフトは著作権という言葉遊びであり、著作権法を使用して、作品のコピーや修正版の配布に関する制限を取り除く慣行について説明しています。[14]コピーレフトの目的は、著作権の法的枠組みを使用して、著者以外の当事者が再利用できるようにし、多くのライセンススキームでは、著者が作成したコンテンツを変更できるようにすることです。パブリックドメインの作品とは異なり、作者は引き続き素材の著作権を保持しますが、作者は作品を配布し、多くの場合変更するために、すべての人に非独占的なライセンスを付与しました。コピーレフトライセンスでは、派生物を同じ条件で配布し、元の著作権表示を維持する必要があります。コピーレフトに一般的に関連付けられている記号は、著作権記号、反対方向を向いています。Cポイントの開口部は右ではなく左です。著作権記号とは異なり、コピーレフト記号には成文化された意味はありません。[15]

使用法

無料のコンテンツを提供するプロジェクトは、ソフトウェア、学術文献、一般文学、音楽、画像、ビデオ、工学など、関心のあるいくつかの分野に存在します。テクノロジーは、出版コストを削減し、参入障壁を十分に削減して、個人または小グループによる広く普及した資料の作成を可能にしました。コンピュータ技術の開発に関連する資料の普及が容易なため、無料の文献やマルチメディアコンテンツを提供するプロジェクトがますます目立つようになっています。このような普及は、これらの技術開発の前には費用がかかりすぎた可能性があります。

メディア

テキスト、オーディオ、およびビジュアルコンテンツを含むメディアでは、クリエイティブコモンズによって作成されたライセンスの一部などの無料のライセンススキームにより、明確な法的許可の下で作品を配布することが許可されています。クリエイティブ・コモンズのライセンスのすべてが完全に無料であるわけではありません。それらの許可は、非常に自由な一般的な再配布および作品の変更から、より制限的な再配布のみのライセンスにまで及ぶ可能性があります。 2008年2月以降、完全に無料のクリエイティブコモンズライセンスには、「無料の文化作品の承認」を示すバッジが付いています。[16] リポジトリは、無料の素材のみを特徴とし、写真、クリップアート、音楽、[17]、文学などのコンテンツを提供するリポジトリが存在します[18]あるWebサイトの無料コンテンツを別のWebサイトで広範囲に再利用することは合法ですが、コンテンツ重複の問題があるため、通常は意味がありませんウィキペディアは、ユーザーがウェブ上にアップロードした無料コンテンツの最も有名なデータベースの1つです。ウィキペディアのコンテンツの大部分は無料コンテンツですが、一部の著作権で保護されたコンテンツはフェアユースの基準に基づいてホストされています

ソフトウェア

OSIロゴ
FSFロゴ

フリーおよびオープンソースソフトウェアもしばしば呼ばれる、オープンソースソフトウェアフリーソフトウェアは、エンドユーザーと技術的な消費者の両方に両方のサービスと技術を提供するために、フリーソフトウェアを使用して大手企業と成熟し技術です。普及が容易なため、モジュール性が向上し、小規模なグループがプロジェクトに貢献できるようになり、コラボレーションが簡素化されました。オープンソース開発モデルは、科学研究などのより古典的な分野に代表される同様のピア認識および共同利益インセンティブを持つものとして分類されており、このインセンティブモデルから生じる社会構造は生産コストを削減します。[19]ソフトウェアコンポーネントへの十分な関心があれば、ピアツーピアの配布方法を使用することで、ソフトウェアの配布コストを削減し、開発者のインフラストラクチャ保守の負担を取り除くことができます。配布リソースは消費者によって同時に提供されるため、これらのソフトウェア配布モデルはスケーラブルです。つまり、消費者の数に関係なく実行可能な方法です。場合によっては、自由ソフトウェアベンダーは、普及の方法としてピアツーピア技術を使用することがあります。[20]一般に、多くのプロバイダーがこれらのサービスを無料で提供しているため、プロジェクトのホスティングとコード配布はほとんどの無料プロジェクトにとって問題ではありません

エンジニアリングとテクノロジー

無料のコンテンツの原則は、プロジェクト開発に関連するオーバーヘッドを削減するために、設計やエンジニアリングの知識を簡単に共有および複製できるエンジニアリングなどの分野に変換されています。オープンデザインの原則は、携帯電話、小規模製造、[21]自動車産業、[22] [23]、さらには農業分野でのプロジェクトで、エンジニアリングおよび技術アプリケーションに適用できます。分散型製造などのテクノロジーにより、コンピューター支援製造コンピューター支援設計が可能になります新しいデバイスの開発、または既存のデバイスの修理のためのコンポーネントの小規模生産を開発できる技術。迅速な製造技術がこれらの開発を支えており、技術のエンドユーザーは、ソフトウェアと製造ハードウェアを使用して情報を物理オブジェクトに変換し、既存の設計図からデバイスを構築できます。

アカデミア

学術研究では、オープンアクセスの作品の割合は急速に増加していますが、作品の大部分は無料ではありません。オープンアクセスとは、アクセスに関するすべての制限(アクセス料金など)や使用に関する多くの制限(特定の著作権やライセンスの制限など)がないオンライン調査の成果を指します[24]著者は、オープンアクセス出版を、出版物のより大きな影響を可能にするために彼らの作品にアクセスできる聴衆を拡大する方法と見なすかもしれないし、あるいはイデオロギー的な理由でそれを支持するかもしれない。[25] [26] [27] PLOSBioMedCentralなどのオープンアクセス出版社無料の作品のレビューと公開のための能力を提供します。そのような出版物は現在、人文科学よりも科学で一般的ですが。国立衛生研究所RCUK(2016年発効)、EU(2020年発効)など、さまざまな資金提供機関や統治研究機関は、資金提供の資格を得るために、学者がオープンアクセスで作品を制作する必要があること義務付けています。[28] [29] [30] [31]機関レベルでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)などの一部の大学は、独自の義務を導入することにより、デフォルトでオープンアクセス出版を採用しています。[32]一部の義務では、公開の遅延が許可され、研究者にオープンアクセス公開の料金が請求される場合があります。[33] [34] オープンコンテンツの公開は、研究における情報検索に関連するコストを削減する方法と見なされてきました。大学は通常、従来の方法で公開されるコンテンツへのアクセスを購読するために料金を支払うからです[10] [35] [36]質の低い研究論文の提出を思いとどまらせることにより、ジャーナルの質を向上させます。[10]無料ではないコンテンツジャーナルの購読は、大学が購入するのに費用がかかる場合がありますが、記事は出版社に無料で学者自身によって書かれ、査読されます。これは、カリフォルニア大学とNature Publishing Groupの間で発生したものなど、購読費用をめぐって出版社と一部の大学の間で論争を引き起こしました[37] [38]教育目的で、MITを含む一部の大学は、講義ノート、ビデオリソース、チュートリアルなど、無料で利用できるコースコンテンツを提供しています。このコンテンツは、インターネットリソースを介して一般に配布されます。このようなリソースの公開は、正式な機関全体のプログラムによるものである可能性があります[39]。 または、個々の学者や学部が提供する非公式のコンテンツを介して。

立法

どの国にも独自の法律と法制度があり、その法律によって支えられている一連の法律文書—法定 義務規則を含む文書、通常は法律であり、立法府によって作成されます。で民主的な国、それぞれの法律文書は次のように公開されているオープンメディアコンテンツ、原則的に自由な内容です。ただし、一般に、各法律文書に起因する明示的なライセンスはないため、ライセンスは黙示的なライセンスとして解釈する必要があります。英国のオープンガバメントライセンスCC-BY互換ライセンス)のように、法律文書に明示的なライセンスを持っている国はごくわずかです。他の国では、黙示的ライセンスその適切な規則(一般法および政府の著作物における著作権に関する規則)に由来します。ベルン条約によって提供される自動保護は、法律文書には適用されません。第2.4条は、自動保護から公式テキストを除外しています。コンテキストからライセンスを「継承」することも可能です。国の法律文書のセットは、国のリポジトリを通じて利用可能になります。法律文書のオープンリポジトリの例:LexMLブラジルLegislation.gov.ukEU諸国のN-Lex。一般に、法律文書は複数の(公開された)公式バージョンで提供されますが、主なものは政府官報によって発行されたものです。したがって、法律文書は、最終的に、リポジトリまたはそれを含むガゼットによって表現されたライセンスを継承できます。

オープンコンテンツ

被験者の左手の画面のロゴはクリエイティブコモンズライセンスであり、右手の紙はクメール語で画像がオープンコンテンツであることを説明しています。

オープンコンテンツと、他の人が元の作成者に帰属することで自由にコピーまたは変更できる、許可を求める必要ない作品のことです。これは、教科書学術雑誌映画音楽など、さまざまな形式に適用されていますこの用語は、オープンソースソフトウェアの関連する概念の拡張でした[40]そのようなコンテンツオープンライセンスの下にあると言われています

歴史

概念コンテンツへのフリーソフトウェアライセンスを適用するのは、1997年に「紙に書いたマイケル・スタッツ、によって導入された非ソフトウェア情報にコピーレフトを適用するGNUプロジェクトのために」。 「オープンコンテンツ」という用語は、1998年にDavid A. Wileyによって造られオープンコンテンツプロジェクトを通じて広められ、オープンコンテンツライセンス(非フリーの継承ライセンス、以下の「フリーコンテンツ」を参照)およびその他の下でライセンスされた作品を説明しています。同様の条件でライセンスされた作品。[40]

それ以来、従来の著作権の制限なしに、より幅広いクラスのコンテンツを説明するようになりました。コンテンツ公開性は、著作権法に違反することなく、一般の人々が再利用、改訂、リミックス、および再配布できる範囲に基づいて、「5Rフレームワーク」の下で評価できます。[41]無料のコンテンツオープンソースライセンスに基づくコンテンツは異なり、「オープンコンテンツ」としての資格を得るために作品が到達しなければならない明確なしきい値はありません。

オープンコンテンツは著作権との釣り合いとして説明されてきましたが[42]オープンコンテンツライセンスは、著作権をそのような目的で利用するコピーレフト同様に、著作権所有者の著作物のライセンス権に依存しています。

2003年、ワイリーはオープンコンテンツプロジェクトがクリエイティブコモンズとそのライセンス引き継がれたことを発表し、「教育ライセンスのディレクター」として参加しました。[43] [44]

2005年に、Open Icecatプロジェクトが開始されました。このプロジェクトでは、eコマースアプリケーションの製品情報が作成され、Open ContentLicenseの下で公開されました。それは、すでにかなりオープンソース志向であった技術部門に受け入れられました

2006年、クリエイティブ・コモンズの後継プロジェクトは、エリック・メーラー[46]リチャード・ストールマンローレンス・レッシグベンジャミン・マコ・ヒル[46]アンジェラ・ビーズリー、[46]によって発表された無料コンテンツの自由文化作品の定義[45]でしたその他。自由文化作品定義はウィキメディア財団によって使用されています。[47] 2008年に、帰属および帰属-継承-クリエイティブコモンズライセンスは、他のライセンスの中でも「自由文化作品の承認」としてマークされました。[48]

オープンナレッジファウンデーション

別の後継プロジェクトがあるオープンナレッジ・ファウンデーションOKF)、[49]によって設立されたルーファス・ポロックケンブリッジ2004年に、英国[50]推進するグローバルな非営利のネットワークと共有オープンコンテンツやデータなどを。[51] 2007年、Open Knowledge Foundationは、「音楽、映画、本などのコンテンツ、科学的、歴史的、地理的、その他のデータ、政府およびその他の行政情報」のオープンナレッジ定義提供しました[52]バージョン2.0で2014年10月オープンワークスオープンライセンスが定義され、「オープン」は、オープンソースの定義自由ソフトウェアの定義、および自由文化作品の定義におけるオープン/フリーの定義と同義であると説明されています[53]明確な違いは、パブリックドメインに焦点が当てられていることと、アクセシビリティ(「オープンアクセス」)と読みやすさ(「オープンフォーマット」)に焦点が当てられていることです。いくつかの準拠ライセンスのうち、6つが推奨され、3つは独自のもの(Open Data Commons Public Domain Dedication and License(PDDL)、Open Data Commons Attribution License(ODC-BY)、Open Data Commons Open Database License(ODbL))、およびCC BYCC BY-SA、およびCC0クリエイティブコモンズライセンス。[54] [55] [56]

「オープンコンテンツ」の定義

OpenContent Webサイトは、かつてOpenContentを「オープンソース/フリーソフトウェアコミュニティで使用されているものと同様のライセンスの下で、変更、使用、および再配布が自由に利用できる」と定義していました。[40]ただし、そのような定義は、オープンコンテンツライセンス(OPL)を除外します。これは、そのライセンスが、無料のオープンソースソフトウェアライセンスに必要な権利である「[OpenContent]自体の料金」の請求を禁じているためです。[要出典]

それ以来、この用語の意味は変わりました。OpenContentは、「5Rアクティビティに従事するための無料で永続的な許可をユーザーに提供する方法でライセンスされています。」[41]

5Rは、コンテンツがどの程度オープンであるかを評価するためのフレームワークとして、OpenContentWebサイトで提案されています。

  1. 保持–コンテンツのコピーを作成、所有、および管理する権利(ダウンロード、複製、保存、管理など)
  2. 再利用–コンテンツをさまざまな方法で使用する権利(例:クラス、研究グループ、Webサイト、ビデオ)
  3. 改訂–コンテンツ自体を適合、調整、変更、または変更する権利(たとえば、コンテンツを別の言語に翻訳する)
  4. リミックス–元のコンテンツまたは改訂されたコンテンツを他のオープンコンテンツと組み合わせて新しいものを作成する権利(たとえば、コンテンツをマッシュアップに組み込む)
  5. 再配布–元のコンテンツ、改訂版、またはリミックスのコピーを他の人と共有する権利(たとえば、コンテンツのコピーを友人に渡す)[41]

このより広い定義は、オープンコンテンツとオープンソースソフトウェアを区別します。オープンソースソフトウェアは、一般の人々が商用利用できる必要があるためです。ただし、これはオープン教育リソースのいくつかの定義に似ています。これには、非営利および逐語的なライセンスに基づくリソースが含まれます。[57] [58]

のオープンナレッジファウンデーション(現在はオープンナレッジインターナショナルとして知られているによるオープン定義は、オープンコンテンツとオープンデータをサブ要素として持つオープンナレッジ定義し、オープンソース定義を大いに利用しています。オープンコンテンツの限られた感覚を無料コンテンツとして保持し[59]、両方を統合します。

オープンアクセス

もともと科学の公立図書館によって設計されたオープンアクセスのロゴ

オープンアクセス」とは、コンテンツへの無料または無料のアクセスを指し、主に最初に査読された学術雑誌を発行します。一部のオープンアクセス作品は、再利用および再配布(「リブレオープンアクセス」)のライセンスも取得しており、オープンコンテンツとして認定されます。

オープンコンテンツと教育

過去10年間、オープンコンテンツは、高等教育に向けた代替ルートを開発するために使用されてきました。伝統的な大学は高価であり、その授業料は増加しています。[60]オープンコンテンツは、「集合的な知識と、学習および学術コンテンツの共有と再利用に焦点を合わせた」高等教育を無料で取得する方法を可能にします。[61] OpenCourseWare InitiativeThe Saylor FoundationKhan Academyなど、オープンコンテンツを通じて学習を促進するプロジェクトや組織は複数ありますMITイェールタフツなどの一部の大学では、コースをインターネット上で無料で利用できるようにしています。[62]

教科書

教科書業界は、オープンコンテンツが最大の影響を与えることができる教育業界の1つです。[63]従来の教科書は、高価であることに加えて、出版社が常に新しい版を印刷する傾向があるため、不便で時代遅れになる可能性もあります。[64] オープンテキストはオンラインであり、簡単に更新できるため、この問題を解消するのに役立ちます。公にライセンスを取得してオンラインにすることは、教師の独自のカリキュラムに従って教科書を変更できるため、教師にとって役立つ可能性があります。[63]公的に認可された教科書の作成を促進する複数の組織があります。これらの組織やプロジェクトには、ミネソタ大学のオープンテキストライブラリであるConnexionsが含まれます。OpenStax College、The Saylor Foundation Open Textbook Challenge、Wikibooks

ライセンス

OpenContent Webサイトのオープンコンテンツの現在の定義によれば、一般的なロイヤリティフリーの著作権ライセンスは、法律で通常許可されているよりも多くの種類の使用を行う権利をユーザーに提供するため、オープンライセンスと見なされます。これらの権限は、ユーザーに無料で付与されます。[41]

ただし、オープン定義で使用されるより狭い定義は、オープンコンテンツをlibreコンテンツ効果的に制限します。自由文化作品の定義で定義されているフリーコンテンツライセンスは、オープンコンテンツライセンスとしての資格があります。このより狭い基準によれば、次のまだ維持されているライセンスが適格です。

(その他のライセンスについては、Open Knowledge無料コンテンツ、および無料文化作品のライセンスを参照してください

も参照してください

ノート

  1. ^ 米国が見るための基礎データのuncreative凝集物の著作権の状態は、地域によって異なる場合がありファイスト出版物vを。農村電話サービスのためにオーストラリア、参照テルストラVデスクトップマーケティングシステムを

参考文献

  • D.アトキンス; JSブラウン; ALハモンド(2007年2月)。オープン教育リソース(OER)運動のレビュー:成果、課題、および新しい機会 (PDF)ウィリアムアンドフローラヒューレット財団に報告してください。
  • OECD –経済協力開発機構:知識を無料で提供–オープンな教育資源の出現2007、ISBN 92-64-03174-X  

参考文献

  1. ^ B エリク・モーラー、EA(2008)。「自由文化作品の定義」1.1。Freedomdefined.org 取得した20年4月2015
  2. ^ ストールマン、リチャード(2008年11月13日)。「無料ソフトウェアと無料マニュアル」フリーソフトウェアファウンデーション取得した3月22日に2009
  3. ^ ストールマン、リチャード「なぜオープンソースは自由ソフトウェアの要点を見逃しているのか」フリーソフトウェアファウンデーション
  4. ^ Kelty、Christpher M.(2008)。「自由ソフトウェアの文化的重要性-2ビット」(PDF)デューク大学出版会-ダーラムとロンドン。 p。 99. 1998年以前は、フリーソフトウェアは、フリーソフトウェアファウンデーション(およびストールマンの注意深いマイクロ管理の目)、またはさまざまな名前:ソースウェア、フリーウェア、シェアウェア、オープンソフトウェア、パブリックドメインソフトウェアなど。対照的に、オープンソースという用語は、それらすべてを1つの動きにまとめようとしました。
  5. ^ 「さようなら、「フリーソフトウェア」;こんにちは、「オープンソースCatb.org 取得した25年10月2012
  6. ^ opendefinition.orgのオープン定義2.1 「この本質的な意味は、オープンソース定義のようにソフトウェアに関して「オープン」の意味と一致し、自由ソフトウェアの定義および自由文化の定義のように「自由」または「自由」と同義です。動作します。」
  7. ^ opendefinition.comのライセンス
  8. ^ Creative Commons 4.0 BYおよびBY-SAライセンスは、creativecommons.orgのTimothy Vollmerによるオープン定義に準拠して承認されました(2013年12月27日)
  9. ^ Creativecommons.orgでTimothyVollmerによってリリースされたOpenDefinition 2.0(2014年10月7日)
  10. ^ a b c 「科学研究出版におけるコストとビジネスモデル:ウェルカムトラストから委託されたレポート」(PDF)2009年2月19日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし検索された5月23 2009
  11. ^ 「孤児の作品の法律の重要性」
  12. ^ ベン・ディポーター; フランチェスコ・パリシ(2002)。「フェアユースと著作権保護:価格理論の説明」。法と経済学の国際レビュー21(4):453 CiteSeerX 10.1.1.196.423土井10.1016 / S0144-8188(01)00071-0 
  13. ^ レイモンド、エリックS. 「コピーセンター」ジャーゴンファイル取り出さ年8月9 2008
  14. ^ Dusollier、S(2003)。「オープンソースとコピーレフト。著者資格を再考しましたか?」法と芸術のコロンビアジャーナル。26(296)。 引用ジャーナルには|journal=ヘルプが必要です
  15. ^ ホール、G。ブレント(2008)。空間データ処理におけるオープンソースアプローチスプリンガー。p。29. Bibcode2008osas.book ..... HISBN 978-3-540-74830-4取得した3月22日に2009
  16. ^ Linksvayer、マイク(2008年2月20日)。「自由文化作品の承認」クリエイティブコモンズ取得した3月22日に2009
  17. ^ 「iRateラジオ」SourceForge.net2009年2月28日にオリジナルからアーカイブされまし取得した3月22日に2009
  18. ^ 「グーテンベルク:費用も自由もありませんか?」プロジェクトグーテンベルク2007年4月23日取得した3月22日に2009
  19. ^ Mustonen、Mikko。「コピーレフト– Linuxおよびその他のオープンソースソフトウェアの経済学」(PDF)ディスカッションペーパーNo.493 ヘルシンキ大学経済学部2009年3月24日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし取得した3月22日に2009 引用ジャーナルには|journal=ヘルプが必要です
  20. ^ Pawlak、Michel; ブライス、シアラン; ロリエール、ステファン(2008年5月29日)。「フリーでオープンソースのソフトウェアプロセスの実践」(PDF)Rapport deRechercheinria-00274193、バージョン2。N°6519(2008年4月)。ISSN 0249から6399まで取得した3月22日に2009  
  21. ^ ヘンドリー、アンドリュー(2008年3月4日)。「RepRap:大衆向けのオープンソース3Dプリンター」Computerworldのオーストラリア業界標準2008年5月16日にオリジナルからアーカイブされまし取得した3月22日に2009
  22. ^ Honsig、Markus(2006年1月25日)。「すべての車の中で最もオープン」テクノロジーレビュー(ドイツ語)。ハインツハイス取得した3月22日に2009
  23. ^ 「緑の通勤車のためのオーストラリアのドライブ」シドニーモーニングヘラルドシドニー。2010年6月14日検索された5年6月2015年
  24. ^ スーバー、ピーター。「オープンアクセスの概要」Earlham.edu。2011年12月3日に取得。
  25. ^ アルマスワン; シェリダンブラウン(2005年5月)。「オープンアクセスセルフアーカイビング:著者の研究」(PDF)キーパースペクティブリミテッド。
  26. ^ アンドリュー、テオ(2003年10月30日)。「教員による研究資料のオンライン自己投稿の傾向」アリアドネ(37)。ISSN 1361から3200まで取得した3月22日に2009 
  27. ^ 重要な視点。「JISC / OSIジャーナル著者調査報告書」(PDF)合同情報システム委員会(JISC)。2009年3月24日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし取得した3月22日に2009
  28. ^ ハスラム、マリアンヌ。「NHMRCパートナーシッププロジェクト–資金調達方針」(PDF)国立健康医学研究カウンシル(NHMRC)。2009年3月17日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし取得した3月22日に2009
  29. ^ 「NIHが資金提供した研究から生じるアーカイブされた出版物へのパブリックアクセスを強化することに関する方針」検索された12年7月2009年
  30. ^ 「オープンアクセス-RCUKポリシーと改訂されたガイダンス」
  31. ^ 「議事録の結果、9526/16 RECH 208 TELECOM 100、オープンサイエンスシステムへの移行」
  32. ^ 「MITの教員は学術論文に自由にアクセスできます」MITニュース。2009年3月20日。
  33. ^ 「PubMedCentralおよび機関およびその他のリポジトリでの著者のセルフアーカイブに向けた一般微生物学会の方針」2009年4月10日取得
  34. ^ 「OnlineOpen」2011年4月27日にオリジナルからアーカイブされまし2009年4月10日取得
  35. ^ スーザン市長(2003年4月19日)。「図書館は学術雑誌のコストが高くなっています」BMJ:ブリティッシュメディカルジャーナル326(7394):840 PMC 1125769 
  36. ^ 「AMSジャーナル価格調査」検索された5月23 2009
  37. ^ 「カリフォルニアデジタルライブラリーでのサブスクリプション更新に関するNaturePublishing Groupからの公式声明に対するカリフォルニア大学からの回答」(PDF)2010年6月10日。2010年6月26日のオリジナル(PDF)からアーカイブ取得した13年9月2015
  38. ^ ホークス、ナイジェル(2003年11月10日)。「ボイコットの「貪欲な」ジャーナル出版社、科学者は言う」タイムズロンドン。2011年4月29日にオリジナルからアーカイブされまし取得した13年9月2015
  39. ^ 「OpenCourseWareについて」2009年4月10日取得
  40. ^ a b c Wiley、David(1998)。「オープンコンテンツ」OpenContent.org1999年1月28日にオリジナルからアーカイブされまし取得した17年4月2012
  41. ^ a b c d Wiley、David。「オープンコンテンツ」OpenContent.org2012年6月19日にオリジナルからアーカイブされました取得した18年11月2011
  42. ^ 「ローレンスリァン、「フリー/オープンソースソフトウェアオープンコンテンツ」、アジア太平洋開発情報プログラム:フリー/オープンソースソフトウェアのe-プライマー、国連開発計画-アジア太平洋開発情報プログラム、2007年」(PDF)2012年3月22日のオリジナルからアーカイブ(PDF)検索された23年6月2012
  43. ^ OpenContentは正式に閉鎖されています。そして、それは問題ありません。opencontent.org(2003年6月30日、アーカイブ)
  44. ^ Creative Commonsは、マットによる教育使用ライセンスプロジェクトリーダーとしてDavid Wileyを歓迎します(2003年6月23日)
  45. ^ 「「定義」の改訂履歴–自由文化作品の定義」Freedomdefined.org。2012年11月2日にオリジナルからアーカイブされました取得した14年11月2012
  46. ^ a b c 「歴史–自由文化作品の定義」Freedomdefined.org。2012年10月30日にオリジナルからアーカイブされました取得した14年11月2012
  47. ^ 「解決策:ライセンスポリシー」ウィキメディア財団。2012年11月13日にオリジナルからアーカイブされました取得した14年11月2012
  48. ^ 「自由文化作品の承認」クリエイティブコモンズ。2009年7月24日。2012年6月25日のオリジナルからアーカイブ取得した14年11月2012
  49. ^ Davies、Tim(2014年4月12日)。「データ、情報、知識、力–オープンナレッジの新しい中心的な目的を探る」ティムのブログ2017年6月29日にオリジナルからアーカイブされました取得した25年10月2015
  50. ^ 「OpenKnowledgeFoundationが立ち上げられました」ナレッジファウンデーションのウェブログを開きます。2011年10月1日にオリジナルからアーカイブされました取得した25年10月2015
  51. ^ 「オープンナレッジ:について」okfn.org2015年10月1日にオリジナルからアーカイブされました取得した25年10月2015
  52. ^ opendefinition.orgのバージョン1.0(2007年にアーカイブ)
  53. ^ 開き、定義2.1 のアーカイブで2017年1月27日ウェイバックマシンopendefinition.orgに
  54. ^ ライセンス アーカイブで2016年3月1日にウェイバックマシンopendefintion.comに
  55. ^ クリエイティブコモンズ4.0 BYとBY-SAライセンスはオープン定義に準拠し、承認 アーカイブで2016年3月4日ウェイバックマシン(2013年12月27日)creativecommons.orgにティモシー・ボルマーによると
  56. ^ 解放開き、定義2.0 のアーカイブで2016年3月4日にウェイバックマシン(2014年10月7日)creativecommons.rogにティモシー・ボルマーで
  57. ^ アトキンス、ダニエルE。; ジョン・シーリー・ブラウン; アレンL.ハモンド(2007年2月)。オープン教育リソース(OER)運動のレビュー:成果、課題、および新しい機会(PDF)カリフォルニア州メンロパーク:ウィリアムアンドフローラヒューレット財団。p。4. 2012年3月9日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし取り出さ年12月3 2010年
  58. ^ Geser、Guntram(2007年1月)。オープンな教育実践とリソース。OLCOSロードマップ2012オーストリア、ザルツブルク:ザルツブルクリサーチ、EduMediaグループ。p。20. 2010年6月4日にオリジナルからアーカイブされました取得した6年11月2010年
  59. ^ 「オープン定義」OpenDefinition.org2011年11月19日にオリジナルからアーカイブされました取得した18年11月2011
  60. ^ Kantrowitz、マーク(2012)。「授業料インフレ」FinAid.org2012年4月15日にオリジナルからアーカイブされました取得した18年4月2012
  61. ^ NMC(2012)。「1年以内:オープンコンテンツ」2010ホライゾンレポート2012年3月16日にオリジナルからアーカイブされまし取得した18年4月2012
  62. ^ 管理者(2012)。「Open.edu:大学のオープンコースウェアコレクショントップ50」DIY学習2017年10月8日にオリジナルからアーカイブされまし取得した18年4月2012
  63. ^ a b フィッツジェラルド、ビル(2012)。「オープンコンテンツを使用して教育の変化を推進する」面白い猿取得した18年4月2012
  64. ^ Moushon、James(2012)。「e-教科書:伝統的な教科書とどのように重なり合うか」セルフパブリッシングレビュー2013年8月9日にオリジナルからアーカイブされました取得した18年4月2012