オスマン帝国

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

崇高なオスマン帝国

دولتعليهعثمانیه Devlet-I'Alīye-I'O sのmānīye
1299〜1922

(1844–1922)
紋章
(1882–1922)
モットー:  دولتابدمدت Devlet-I
エベデ-müddet
( "永遠の状態")[1]
国歌: さまざま
1683年のオスマン帝国
1002年のヒジュラ1593年のグレゴリオ暦のオスマン帝国、主題と細分化
資本
一番大きな都市コンスタンティノープルイスタンブール
共通言語
宗教
住民の呼称オットマン
政府絶対君主制
(1299–1876; 1878–1908; 1920–1922)
およびカリフ制(1517–1924 [11]
立憲君主制
1876–1878 ; 1908–1920
スルタン 
•  c.1299–1323 / 4(最初)
オスマン1世
•1918〜1922(最後)
メフメト6世
カリフ 
•1517〜1520(最初)
セリム1世[12] [注2]
•1922〜1924(最後)
アブデュルメジド2世
大宰相 
•1320〜1331(最初)
アラエディン・パシャ
•1920〜1922(最後)
アフメト・テフフィク・パシャ
立法府総会
•選出されていない参議院
著名人の部屋
•選出された衆議院
代議院
歴史 
• 設立
c。1299
1402〜1413
1453
1876〜1878
1908〜1920
1913年1月23日
1922年11月1日
• トルコ共和国が設立されました[注4]
1923年10月29日
1924年3月3日
範囲
•合計
1,800,000 km 2(690,000平方マイル)
1451 [13]690,000 km 2(270,000平方マイル)
1521 [13]3,400,000 km 2(1,300,000平方マイル)
1683 [13] [14]5,200,000 km 2(2,000,000平方マイル)
1844 [15]2,938,365 km 2(1,134,509平方マイル)
人口
•1912 [16]
24,000,000
通貨AkçeパラSultaniKuruşリラ
前任者
成功
ラムのスルタン酸塩
アナトリアのベグ
ビザンチン帝国
ボスニア王国
第二次ブルガリア帝国
セルビア専制公
ハンガリー王国
クロアチア王国
レージョ同盟
マムルーク朝
ハフス朝王国
白羊朝
ホスピタラートリポリ
トレムセン王国
トラブゾン帝国
サムツケ公国
モレアス専制公
ゼータ
テオドロ公国
七面鳥
ギリシャ共和国
カフカース総督府
ボスニア・ヘルツェゴビナ
革命的なセルビア
アルバニア
ルーマニア王国
ブルガリア公国
東ルメリ自治州
アシール首長国
ヒジャーズ王国
OETA
委任統治領イラク
フランス領アルジェリア
イギリス領キプロス
フランス領チュニジア
イタリア領トリポリタニア
イタリア領キレナイカ
クウェート首長国
イエメン王国
エジプトのスルタン

オスマン帝国/ ɒ T ə M ə N / ;オスマントルコ語دولتعليهعثمانيه Devleti'Alīye-I'O S mānīye、文字通り"崇高オットマンの状態"、現代トルコOsmanlıİmparatorluğu又はOsmanlıDevleti ;フランス語帝国オスマン帝国[注5] [17]は、南東ヨーロッパ西アジア北アフリカの大部分を支配していた州[注6]でした。14世紀から20世紀初頭にかけて。 13世紀の終わりに、アナトリア北西部ソユット(現在のビレジク州の町でトルコ人[18] [19]の部族指導者オスマン1世によって設立されました[20] 1354の後、ヨーロッパへの征服と交差オットマンバルカンは、オットマンbeylikは大陸帝国に形質転換しました。オスマン帝国は、征服者メフメトによる1453年のコンスタンティノープル陥落でビザンチン帝国終わらせました[21]オスマン帝国は、第一次世界大戦後の崩壊まで非常にゆっくりと衰退しドイツ帝国オーストリア・ハンガリー帝国ブルガリアの中央同盟失いました

スレイマン1世の治世下で、オスマン帝国はその権力と繁栄のピークを示し、政府、社会、経済システムの最高の発展を遂げました。[22] 17世紀初頭、帝国には32の州と多数の家臣国家が含まれていました。これらのいくつかは後にオスマン帝国に吸収されましたが、他の人々は何世紀にもわたってさまざまな種類の自治権を与えられました。【注7】

コンスタンティノープル(現代のイスタンブールの首都とその周辺の土地の制御など)地中海沿岸、オスマン帝国は、間の相互作用の中心にあった東洋西洋6世紀のための世界。帝国はかつてスレイマン1世の死後衰退期に入ったと考えられていましたが、この見解はもはや大多数の学術史家によって支持されていません。[23]帝国は、17世紀を通して、そして18世紀の大部分の間、柔軟で強力な経済、社会、軍隊を維持し続けた。[24]しかし、1740年から1768年までの長い平和の期間中、オスマン帝国軍のシステムは、ヨーロッパのライバルであるハプスブルク家ロシア帝国のシステムに遅れをとっていました[25]その結果、オスマン帝国は18世紀後半から19世紀初頭にかけて深刻な軍事的敗北を喫した。ギリシャ独立戦争の成功は、ロンドン議定書(1830)コンスタンティノープル条約(1832)に従った脱植民地化で終わりました。この敗北と他の敗北により、彼らはタンジマートとして知られる改革と近代化の包括的なプロセスを開始するようになりました。。このように、19世紀の間に、オスマン帝国は、特に多くの新しい州が出現したバルカン半島で、さらなる領土喪失に苦しんだにもかかわらず、はるかに強力で組織化されました。[26]

統一と進歩委員会(CUP)が確立する第二に、憲法時代青年トルコ人革命実施立憲君主国に帝国を回して、1908年に競争力のある複数政党選挙を。数年後、今や急進的で国家主義的な統一と進歩委員会1913年のクーデターで政府を引き継ぎ、一党制を創設しました。 CUPはして帝国を同盟ドイツ最近の領土の損失に貢献し、ひいては参加した外交孤立から脱出することを望ん第一次世界大戦の側の中央パワーズ[27]帝国は紛争の間、大部分が自国を維持することができたが、内部の異議、特にアラブの支配におけるアラブ反乱苦しんでいた。この間、オスマン帝国政府はアルメニア人アッシリア人ギリシャ人に対して大量虐殺を行っ [28]帝国の敗北とによって、その領土の一部の占領連合国第一次世界大戦の余波がもたらしたそのパーティションとし、その中東地域の喪失、イギリスとフランスの間で分割します。成功ムスタファ・ケマル・アタチュルクが率いるトルコ独立戦争は、占領下の同盟国に対して、アナトリアの中心部にトルコ共和国が出現し、オスマン帝国廃止されました[29]

名前

「トルコ帝国」(TVRCICVM IMPERIVM)を参照した1635年のオランダの地図

オスマンという言葉は、帝国の創設者であり、オスマン家(オスマン王朝としても知られている)の創設者であるオスマン1世の名前の歴史的な英語化です。オスマンの名前は、アラビア語の名前「ウスマーン」عثمانのトルコ語形式でしたオスマントルコ、帝国と呼ぶたDevleti'Alīyeイル'O S mānīyeدولتعليهعثمانیه)、[30]文字通り"最高オットマンの状態"、あるいは'O S mānlıDevletiعثمانلىدولتى)。では現代トルコ、それはとして知られているOsmanlıİmparatorluğu(「オスマン帝国」)またはOsmanlıDevleti(「オスマン国家」)。

「オスマン」(トルコ語Osmanlıのトルコ語は、もともと14世紀のオスマンの部族信者を指していました。その後、この言葉は帝国の軍事行政エリートを指すために使用されるようになりました。対照的に、「トルコ人」(Türkという用語は、アナトリアの農民と部族の人口を指すために使用され、都市の教育を受けた個人に適用される場合、軽蔑的な用語と見なされていました。[31]では近世、軍事・行政クラスのメンバーではなかった教育を受け、都市部に住むトルコ・スピーカーは、多くの場合、どちらとして自分自身を参照することになりOsmanlıもとしてトルコ人ではなく、として留美رومى)、または「ローマ」は、バルカン半島とアナトリアのビザンチン帝国の領土の住民を意味します。ルミという用語は、帝国およびそれ以降の他のイスラム教徒の人々によってトルコ語を話す人を指すためにも使用されました。[32]オスマントルコ語を話す人に適用されるように、この用語は17世紀の終わりに使用されなくなり始め、代わりにこの単語はますますギリシャ帝国の人口に関連付けられるようになりました。今日。[33]

西ヨーロッパでは、名前オスマン帝国トルコ帝国トルコはでしばしば、交換可能に使用されたトルコはますます公式、非公式な状況で両方を支持しています。新しく設立されたときに、この二分法は、正式に、1920年から1923年に終了したアンカラがベーストルコ政府が唯一の正式名称としてトルコを選びました。現在、ほとんどの学者の歴史家は、帝国の多国籍性のために、オスマン帝国を指すときに「トルコ」、「トルコ語」、および「トルコ語」という用語を避けています。[34]

歴史

上昇(c。1299–1453)

13世紀にセルジューク朝のラムが衰退したため、アナトリアアナトリアのベイリックとして知られる独立したトルコの公国のパッチワークに分割されましたビザンチン帝国のフロンティアにあるビテュニア地方のこれらのベイリックの1つは、トルコの部族指導者オスマン1世(d。1323/ 4)によって率いられました。オスマン1世は、オスマンという名前の由来となった不明瞭な起源の人物です。[35]オスマンの初期の信奉者は、トルコの部族グループとビザンチンの反逆者の両方で構成され、すべてではないが多くがイスラム教に改宗した。[36]オスマンは、サカリヤ川沿いのビザンチンの町を征服することにより、公国の支配を拡大した。ビザンチンの敗北1302年のバフェウスの戦いもオスマンの台頭に貢献しました。この時期から生き残った情報源が不足していたため、初期のオスマン帝国がどのようにして隣人を支配するようになったのかはよくわかっていません。20世紀に人気のあったガザの論文は、イスラム教の名の下に彼らのために戦うために宗教的な戦士を集めた彼らの成功を称えましたが、それはもはや一般的に受け入れられていません。他の仮説は広く受け入れられていません。[37]

オスマン1世の死後の世紀に、オスマン帝国の支配はアナトリアとバルカン半島に広がり始めました。初期の紛争はビザンチン-オスマン戦争中に始まり、13世紀後半アナトリア行われ、その後14世紀半ばにヨーロッパに侵入し、続いてブルガリア-オスマン戦争セルビア-オスマン戦争が14世紀半ばに始まりました。この期間の多くは、オスマン帝国のバルカン半島への拡大によって特徴づけられました。オスマンの息子、オルハンは、北西部のアナトリアの都市ブルサを占領しました1326年、オスマン帝国の新しい首都となり、この地域のビザンチン支配に取って代わりました。テッサロニキの重要な港湾都市は、1387年にヴェネツィア人から捕らえられ、略奪されました。1389年のコソボでのオスマン帝国の勝利は、この地域でのセルビアの権力の終焉を効果的に示しオスマン帝国のヨーロッパへの拡大への道を開いた。[38]ニコポリスの戦いのためのブルガリア ビジンのTsardom 1396には、広く最後の大規模とみなさ十字軍中世、勝利オスマントルコの進行を止めることができませんでした。[39]

トルコ人がバルカン半島に拡大するにつれて、コンスタンティノープル征服は決定的な目的になりました。オスマン帝国はすでに都市を取り巻くほぼすべての旧ビザンチンの土地の支配権を奪っていましたが、ボスポラス海峡でのコンスタンティノープルの戦略的位置の強力な防御は征服を困難にしました。 1402年、ティムール朝の創設者であるテュルク・モンゴルの指導者ティムールがオスマン帝国のアナトリアに東から侵入したとき、ビザンチンは一時的に解放されました。1402年のアンカラ戦いで、ティムールはオスマン帝国軍を打ち負かし、スルタンバヤズィト1世を捕虜として捕らえ、帝国を混乱させました。その後の内戦Fetret Devriとしても知られる、は、Bayezidの息子たちが相続をめぐって争ったため、1402年から1413年まで続きました。メフメト1世がスルタンとして浮上し、オスマン帝国の権力を回復したとき、それは終わりました[40]

テッサロニキ、マケドニア、コソボなど、1402年以降にオスマン帝国が失ったバルカン半島の領土は、1430年代から1450年代にかけてムラト2世によって回復されました1444年11月10日には、ムラドははじかヴァルナの十字軍をハンガリー語、ポーランド語、および敗北によってワラキアの下で軍隊をポーランドのヴワディスワフIII(ハンガリーのも王)とフニャディ・ヤーノシュヴァルナの戦いの下のアルバニア人が、スカンデルベクは抵抗を続けました。4年後、ジョン・フニャディはトルコ軍を攻撃するためにハンガリー軍とワ​​ラキア軍の別の軍隊を準備したが、1448年のコソボ第2戦闘で再び敗北した。[41]

膨張とピーク(1453–1566)

スルタンメフメト2世コンスタンティノープルへの参入; ファウスト・ゾナロによる絵画(1854–1929)

ムラト2世の息子、メフメト征服王は国と軍の両方を再編成し、1453年5月29日にコンスタンティノープルを征服し、ビザンチン帝国を終わらせました。メフメトは、オスマン帝国の権威を受け入れることと引き換えに東方正教会がその自治と土地を維持することを許可しました[43]西ヨーロッパの州と後のビザンチン帝国の間の緊張のために、正教会の人口の大多数は、ベネチアの支配よりもオスマン帝国の支配を好むと認めた。[43]アルバニアの抵抗は、イタリア半島でのオスマン帝国の拡大に対する主要な障害であった。[44]

15世紀と16世紀に、オスマン帝国は拡大の時代に入りました。帝国は、献身的で効果的なスルタンの列の支配下で繁栄しました。また、ヨーロッパとアジア間の主要な陸上交易路を管理しているため、経済的にも繁栄しました。[45] [注8]

スルタンセリム1世(1512〜 1520年)は、チャルディラーン戦いでサファヴィー朝のシャーイスマーイール破り、帝国の東と南の国境を劇的に拡大しました[46] [47]セリム1世は、エジプトマムルーク朝を打ち負かして併合することにより、エジプトにオスマン帝国の支配を確立し、紅海に海軍の存在感を生み出した。このオスマン帝国の拡大後、ポルトガル帝国とオスマン帝国の間で競争が始まり、この地域の支配的な勢力になりました。[48]

スレイマン1世捕獲(1520-1566)ベオグラードの南部と中央部征服1521年に、ハンガリー王国の一環として、オスマン・ハンガリー戦争[49] [50] [失敗した検証]と、彼の歴史的な勝利の後モハーチの戦い1526年では、彼は現代ハンガリー(西部を除く)及びその他の中央ヨーロッパの地域の領土にオスマン帝国のルールを確立しました。その後、彼は1529年にウィーン包囲しましたがウィーンを占領することはできませんでした。[51] 1532年、彼はウィーンに別の攻撃を加えたが、クーセグ包囲戦で撃退された。[52] [53] トランシルバニア、ワラキア、そして断続的にモルダビアは、オスマン帝国の支流公国となった。東部では、オスマントルコ人 1535年バグダッドをペルシャから奪いメソポタミアの支配権とペルシャ湾への海軍のアクセスを獲得しました。 1555年、コーカサスはサファヴィー朝とオスマン帝国の間で初めて公式に分割されました。これは、露土戦争(1768–74)が終わるまで続く現状ですアマスィヤの講西アルメニア、西部署名されたコーカサスのこの分割によってクルディスタン、および西ジョージア(税込。西部Samtskheは)、オスマン帝国の手に落ちた[54]南の間、ダゲスタン東アルメニア東グルジア、とアゼルバイジャンはペルシャのまま。[55]

1539年、6万人のオスマン帝国軍がアドリア海沿岸のスペインカステルヌオーヴォ駐屯軍を包囲しました。包囲の成功はオスマン帝国に8,000人の死傷者を出したが[56]ヴェネツィアは1540年に条件に同意し、エーゲ海モレアの帝国のほとんどを放棄したフランスとオスマン帝国は、ハプスブルク帝国の支配に対する相互の反対によって団結し、強力な同盟国になりました。ニース(1543)とコルシカ(1553)のフランスの征服は、フランスの王フランソワ1世の軍隊間の合弁事業として発生しましたとスレイマン、そしてオスマン帝国の提督バルバロス・ハイレディン・パシャトゥルグート・レイスによって指揮されました[57]ニース包囲の1か月前、フランスは、ハンガリー北部でオスマン帝国がエステルゴム征服した1543年に、砲兵部隊でオスマン帝国を支援した。トルコ人がさらに前進した後、ハプスブルク家の支配者フェルディナンドは、1547年にハンガリーでオスマン帝国の優勢を公式に認めました。スレイマン1世、1566年のスィゲトヴァール包囲戦中に彼のテントで自然死しました

スレイマンの治世の終わりまでに、帝国は約877,888平方マイル(2,273,720 km 2)に広がり、3つの大陸にまたがっていました。[58]さらに、帝国は支配的な海軍となり、地中海の大部分を支配した[59]この時までに、オスマン帝国はヨーロッパの政治的領域の主要な部分でした。スペインとポルトガルがイベリア連合の下で統一されたとき、オスマン帝国は多大陸の宗教戦争に巻き込まれ、オスマン帝国はカリフの称号の保持者として、世界中のすべてのイスラム教徒の指導者を意味し、イベリア人はキリスト教の十字軍の指導者として閉じ込められました地中海の作戦地域との世界的な紛争[60]Indian Ocean[61] where Iberians circumnavigated Africa to reach India, and on their way, wage wars upon the Ottomans and their local Muslim allies. Likewise, the Iberians passed through newly-Christianized Latin America and had sent expeditions that traversed the Pacific in order to Christianize the formerly Muslim Philippines and use it as a base to further attack the Muslims in the Far East.[62] In this case, the Ottomans sent armies to aid its easternmost vassal and territory, the Sultanate of Aceh in Southeast Asia.[63][64]1600年代、オスマン帝国とイベリア連合の間の世界的な紛争は、両国が同様の人口、技術、経済レベルにあったため、膠着状態でしたそれにもかかわらず、オスマン帝国の政治的および軍事的確立の成功は、現代のイタリアの学者フランチェスコ・サンソヴィーノやフランスの政治哲学者ジャン・ボダンなどによって、ローマ帝国と比較されました[65]

停滞と改革(1566–1827)

反乱、逆転、そしてリバイバル(1566–1683)

スレイマン1世の死後の1566年のオスマン帝国の範囲
オスマン帝国軍とタタール人を前衛として示すシゲトバールキャンペーンに関するオスマン帝国のミニチュア

16世紀の後半、オスマン帝国は、ヨーロッパと中東の両方に影響を与えていたインフレと急速に上昇する戦争コストによる緊張の高まりにさらされました。これらの圧力は1600年頃に一連の危機を引き起こし、オスマン帝国の政府システムに大きな負担をかけました。[66]帝国はこれらの課題に対応して政治的および軍事的制度の一連の変革を経験し、17世紀の新しい状況にうまく適応し、軍事的および経済的に強力であり続けることを可能にした。[23] [67] 20世紀半ばの歴史家は、かつてこの時期を停滞と衰退の1つとして特徴づけていたが、現在、この見解は大多数の学者によって拒否されている。[23]

西ヨーロッパ諸国による新しい海上貿易ルートの発見により、オスマン帝国の貿易独占を回避することができました。ポルトガルの発見喜望峰1488でが開始オスマンポルトガル海軍の戦争のシリーズインド洋を16世紀を通じて。インド洋でヨーロッパの存在感が高まっているにもかかわらず、オスマン帝国の東との貿易は繁栄し続けました。特にカイロは、人気のある消費財としてのイエメンコーヒーの台頭の恩恵を受けました。帝国全体の都市や町に喫茶店が出現すると、カイロは貿易の主要な中心地に発展し、17世紀から18世紀の大部分を通じて繁栄を続けました。[68]

イヴァン4世(1533〜 1584年)ので、ロシア皇帝はタタールの汗国を犠牲にしてヴォルガとカスピ海地域に拡大しました。 1571年、オスマン帝国が指揮するクリミアハンデヴレト1世ギレイがモスクワを燃やしました[69]翌年、侵略は繰り返されたが、モロディ戦いで撃退された。オスマン帝国は一連の奴隷狩り東ヨーロッパに侵入し続け[70]、17世紀の終わりまで東ヨーロッパで重要な権力を維持した。[71]

オスマン帝国はベネチアのキプロスを征服することを決定し、1570年7月22日にニコシアは包囲されました。 5万人のキリスト教徒が亡くなり、18万人が奴隷にされました。[72] 1570年9月15日、オスマン帝国の騎兵隊がファマグスタのキプロスにある最後のベネチアの要塞の前に現れた。ベネチアの守備隊は、145門の大砲を持った20万人の兵士に対抗するために11か月間持ちこたえました。 1571年8月にオスマン帝国に落下する前に、163,000発の砲弾がファマグスタの壁に衝突しました。ファマグスタ包囲戦では、5万人のオスマン帝国の死傷者が出ました。[73]一方、主にスペインとベネチアの艦隊で構成される神聖同盟は、レパントの海戦でオスマン帝国の艦隊に勝利した。(1571)、ギリシャ南西部沖;カトリック軍は30,000人以上のトルコ人を殺害し、200隻の船を破壊しました。[74]マルタ包囲戦でのオスマン帝国の侵略者に対するマルタ騎士団の勝利が最近侵食を開始した、オスマン帝国の無敵のイメージに、ほとんど象徴的ではあるが、驚くべき打撃を与えた[75][76]戦闘は、急速に交代した船の喪失よりも、経験豊富な人員を奪うことでオスマン帝国海軍にはるかに大きな損害を与えた。[77]オスマン帝国海軍は急速に回復し、1573年にヴェネツィアに平和条約に署名するよう説得し、オスマン帝国が北アフリカでの地位を拡大し、強化することを可能にした。[78]

対照的に、ハプスブルク家のフロンティアは幾分落ち着き、ハプスブルク家の防御の強化によって膠着状態になりました。[79]ロングトルコ戦争ハプスブルクオーストリア(1593から1606)に対しては、採用ポリシーの緩和をもたらす、火器を備えたオットマン歩兵のより多くの必要性を作成しました。これは、軍団内の規律と完全な反抗の問題に貢献しましたが、完全には解決されませんでした。[80] [廃止された情報源]不規則な狙撃兵(セクバン)も採用され、動員解除によりアナトリアで広範な無政府状態を引き起こしジェラーリーの乱1590–1610)で山賊転向た。16世紀後半から17世紀初頭に。[81]帝国の人口は1600年までに3000万人に達し、土地の不足は政府にさらなる圧力をかけた。[82] [廃止された情報源]これらの問題にもかかわらず、オスマン帝国は強いままであり、その軍隊は崩壊したり、破滅的な敗北に苦しんだりしなかった。唯一の例外は、ペルシャサファヴィー朝反対するキャンペーンでした。そこでは、オスマン帝国の東部の州の多くが失われ、一部は永久に失われました。この1603年から1618年の戦争は、最終的にナシュパシャ条約をもたらし、ジョージア州最西端を除くコーカサス全体をイランのサファヴィー朝の所有に戻しました[83]クレタ戦争(1645–1669)を終結させる条約は、ベニスにダルマチア、そのエーゲ海の島の所有物、およびクレタ島の多くを犠牲にしました(戦争による損失は合計30,985人のベネチア兵士と118,754人のトルコ人兵士でした。)[84]

彼の短い過半数の治世の間に、ムラト4世(1623–1640)は中央当局を再び主張し、サファヴィーからイラク(1639)を奪還しました。[85]その同じ年に結果として生じたズハーブ条約は、1555年のアマスィヤの講和ですでに定義されていたように、コーカサスと隣接する地域を2つの隣接する帝国の間で決定的に分割した。[86] [87]

女性スルタン(1623–1656)は、若いスルタンの母親が息子に代わって権力を行使した時期でした。この時代の最も顕著な女性がいたコセム・スルタンと娘の義理Turhan Haticeその政治的対立1651でKösemの殺人で絶頂に達した、[88]の間にKöprülü時代(1656年から1703年)、帝国の効果的な制御が行使されましたKöprülü家の一連のGrandViziersによる。 KöprülüVizierateは、トランシルヴァニアに復元された権限を持つ軍事的成功をリニューアルの征服見たクレタ島は1669年に完成、およびへの進出ポーランド南部ウクライナの拠点にホトィンカームヤネツィ=ポジーリシクィイとの領土ポジーリャ1676でオットマン制御に譲る[89]

この新たな主張の期間は、1683年に大宰相カラムスタファパシャが巨大な軍隊を率いて、1683年から1699年の大トルコ戦争2度目のオスマン帝国によるウィーン包囲を試みたときに悲惨な終わりを迎えました。最後の攻撃は致命的な遅れて、オスマン帝国軍は同盟ハプスブルク、ドイツ語、およびポーランドの王が先頭に立っポーランド軍によって一掃されたヤン3世、ウィーンの戦い神聖同盟の同盟は、ウィーンでの敗北の利点を押し付け、大トルコ戦争を終結させたカルロヴィッツ条約(1699年1月26日)で最高潮に達しました[90]オスマン帝国は、多くが恒久的に重要な領土の支配権を放棄しました。[91] ムスタファII(1695年から1703年)は、ハンガリーのハプスブルク家に対する1695年から1696年の反撃を導いた、しかしで悲惨な敗北で取り消されたZenta(現代のセルビアで)、9月11日1697年[92]

軍事的敗北

脇の損失からバナトとの一時的な損失ベオグラード(1717年から1739年)、上のオスマン帝国の国境ドナウ川サヴァ十八世紀の間、安定を維持しました。しかし、ロシアの拡大は、大きく成長する脅威をもたらしました。[93]したがって、スウェーデンのカール12世は、中央ウクライナでの1709年のポルタヴァ戦い1700年から1721年の大北方戦争の一部)でロシア人に敗北した後、オスマン帝国の同盟国として歓迎された[93]カール12世はオスマン帝国のスルタンアフメト3世を説得したロシアとの宣戦布告。これにより、モルドバでの1710〜1711年のプルート川の戦いでオスマン帝国が勝利しました。[94]

サヴォイのユージン王子が率いるオーストリア軍が1717年にベオグラード占領

1716から1718の墺土戦争後、パッサロヴィッツ条約は、バナト、セルビア、「リトルワラキア」(オルテニア)のオーストリアへの敗北を確認しました。条約はまた、オスマン帝国が防御的であり、ヨーロッパでこれ以上の侵略を示す可能性は低いことを明らかにしました。[95]オーストリア・ロシア・トルコ戦争で終了した(1735年から1739年)、ベオグラードの条約1739年には、セルビアとオルテニアが回収されたが、帝国はのポート失われたアゾフを、クリミア半島の北、ロシア人に。この条約の後、オーストリアとロシアはの台頭に対処することを余儀なくされたので、オスマン帝国は平和の世代を楽しむことができましたプロイセン[96]

イスタンブール工科大学などの高等教育機関の設立を含む、教育および技術改革が起こりました[97] 1734年に西洋式の大砲の方法を与えるために大砲学校が設立されたが、イスラムの聖職者は神義論の理由で首尾よく反対した[98] 1754年、砲兵学校は半秘密裏に再開された。[98] 1726年、イブラヒム・ムテフェリカは大宰相ネフシェヒルリ・ダマット・イブラヒム・パシャ大ムフティーを説得した。、そして印刷機の効率に関する聖職者、そしてミュテフェリカは後にスルタン・アフメト3世から非宗教的な本を出版する許可を与えられました(一部の書道家や宗教指導者からの反対にもかかわらず)。[99]ミュテフェリカのマスコミは、1729年に最初の本を出版し、1743年までに、それぞれ500〜1,000部の23巻の17冊の作品を発行しました。[99] [100]

1788年のオチャコフ包囲戦中に前進するロシア人を阻止しようとするオスマン帝国軍

北アフリカのオスマン帝国では、スペインオスマン帝国からオラン征服しました(1732年)。ベイはアルジェからオスマン帝国の軍隊を受けたが、それは奪還に失敗したオランを。包囲により、1,500人のスペイン人、さらにはさらに多くのアルジェリア人が死亡しました。スペイン人はまた、多くのイスラム教徒の兵士を虐殺しました。[101] 1792年、スペインはオランを放棄し、オスマン帝国に売却した。

1768年、ロシアの支援を受けたウクライナのハイダマーカは、ポーランドの同盟国を追跡し、ウクライナのベッサラビアとの国境にあるオスマン帝国が支配する町バルタに入り、市民を虐殺し、町を焼き払った。この行動により、オスマン帝国は1768年から1774年の露土戦争に突入しましたキュチュク・カイナルジ条約1774年の戦争を終了し、ワラキアとモルダヴィアのオスマン制御地方のキリスト教の市民のための礼拝に自由を提供します。[102] 18世紀後半までに、ロシアとの戦争で何度も敗北した後、オスマン帝国の一部の人々は、ピョートル大帝の改革は次のように結論付け始めた。ロシア人に優位性を与えていたので、オスマン帝国はさらなる敗北を避けるために西洋の技術に遅れずについていく必要がありました。[98]

セリム3世(1789〜 1807年)は軍隊近代化する最初の主要な試みを行いましたが、彼の改革は宗教指導者とイェニチェリ軍団によって妨げられました彼らの特権に嫉妬し、変化に固く反対したジャニサリーは反乱を起こしたセリムの努力は彼の王位と命を犠牲にしましたが、1826年にイェニチェリ軍団排除した彼の後継者であるダイナミックなマフムト2世によって壮観で血なまぐさい方法で解決されました

トプカプ宮殿のフェリシティ門で聴衆の間に高官を迎えるセリム3世KonstantinKapıdağlıによる絵画

セルビア革命(1804-1815)は、時代の始まりマーク国家の目覚めバルカン半島の間に東方問題を。 1811年、アルサウド家に率いられた原理主義者のアラビアのワッハーブ派がオスマン帝国に反抗した。ワッハーブ派反乱軍を倒すことができない、崇高ポルトは素晴らしい、モハマド・アリだったVALIエジプトの(知事は)の破壊で終わったアラビア、再受験する使命を帯びディルイーヤ首長国1818ザ・に宗主権世襲君主制下のようセルビアのを独自の王朝1830年に法廷認められました。[103] [104]1821年、ギリシャ人 スルタンとの戦争宣言しました。迂回としてモルダビアで始まった反乱に続いて、ペロポネソス半島主な革命が起こり、コリントス湾の北部とともに、オスマン帝国の最初の独立を達成した部分になりました(1829年)。 1830年、フランスはオスマンアルジェリア侵攻し、帝国に敗れました。 50万人から1,000,000人のアルジェリア人が殺されたが[105] [106]、フランス軍は戦死したのは3,336人に過ぎなかった。[107]1831年、モハマドアリは自分自身をスルタンにし、新しい王朝を設立することを目的として反乱を起こしました。息子のイブラヒムパシャの下でフランスの訓練を受けた軍隊は、コンスタンティノープルを行進し、オスマン帝国軍を敗北させました。資本。[108]必死になって、スルタン・マフムト2世は帝国の伝統的な大敵であるロシアに助けを求め、ニコライ1世に彼を救うための遠征軍を派遣するよう要請した。[109]ウンキャル・スケレシ条約に署名する見返りに、ロシア人は遠征軍を派遣し、イブラヒムがコンスタンティノープルを奪取するのを思いとどまらせた。[109]1833年5月5日モハマド・アリに署名したKutahiaの平和、の条件の下で彼が作ったと引き換えに、王位に彼の主張を放棄することに同意したVALIvilayetsクレタ島、アレッポ、トリポリ、ダマスカスとシドンの(地方)(後者の4つは現代のシリアとレバノンで構成されており、アダナで税金を徴収する権利を与えられています。[109]ロシアの介入がなかったら、マフムト2世が倒され、モハマド・アリが新しいスルタンになり、大宰相府が救うために部外者の助けを必要とした繰り返しのパターンの始まりを示したのはほぼ確実である。自体。[110]

ギリシャ独立戦争中の1826年から1827年のアクロポリスの包囲

1839年、大宰相府はエジプトの事実上の独立したヴィライェト失ったものを取り戻そうとし、破滅的な敗北を喫し、モハマド・アリがフランスに非常に近かったため東洋の危機に至りました。帝国全体をフランスの勢力圏に置くと広く見なされています。[109]大宰相府がエジプト人を打ち負かすことができないことを証明したので、イギリスとオーストリアはエジプトを打ち負かすために介入した。[109] 19世紀半ばまでに、オスマン帝国はヨーロッパによって「病人」と呼ばれた。宗主国–セルビア公国、ワラキア、モルダビア–はデジュリに向かって移動しました 1860年代と1870年代の独立。

衰退と近代化(1828–1908)

中にタンジマートの期間(1839年から1876年)、かなり現代につながった憲法改正の政府の一連の徴兵軍隊制度改革銀行、同性愛の非犯罪化、世俗法と宗教法の交換[111]と近代的な工場とのギルド。オスマン帝国の郵便省は1840年にイスタンブールに設立されました。アメリカの発明家サミュエル・モールスは1847年に電報のオスマン帝国の特許を取得しました。これは、新しい発明を個人的にテストしたスルタン・アブドゥルメシッドによって発行されました。[112]改革派の時代は、Kanûn-uEsâsîと呼ばれる憲法でピークに達した。帝国の最初の憲法時代短命でした。議会は、スルタンが議会を停止する前に、わずか2年間存続しました。

ロシア側で戦っているルーマニアは露土戦争の終結後、1878年にオスマン帝国から独立しました

帝国のキリスト教徒の人口は、彼らのより高い教育レベルのために、イスラム教徒の過半数を上回り始め、後者の側に多くの憤慨をもたらしました。[113] 1861年には、オスマン帝国のキリスト教徒のために571の小学校と94の中学校があり、合計で14万人の生徒がいた。これは、同時に学校に通うイスラム教徒の子供たちの数を大幅に上回り、費やされた時間の長さによってさらに妨げられた。アラビア語とイスラム教の神学を学ぶ。[113]著者のノーマン・ストーンはさらに、1928年までトルコ語で書かれたアラビア語のアルファベットは、トルコ語(セム語ではなくチュルク語)の音を反映するのに非常に適していないことを示唆しており、トルコの子供たちの難しさ。[113]次に、キリスト教徒のより高い教育レベルは、彼らが経済においてより大きな役割を果たすことを可能にし、サーソック家のようなグループの注目度の上昇は、この影響力の変化を示している。 [114] [113] 1911年、イスタンブールの654の卸売会社のうち、528がギリシャ人によって所有されていた。 [113]多くの場合、キリスト教徒とユダヤ人はヨーロッパの執政官と市民権から保護を受けることができた。つまり、オスマン帝国の法律から保護され、イスラム教徒と同じ経済規制の対象にはならなかった。 [115]

コンスタンチン・マコフスキーによるブルガリアの殉教者(1877)は、露土戦争(1877–78)に対する国民の支持を動員することを目的とした4月蜂起中のバシバズークによるブルガリアの女性のレイプを描いたロシアのプロパガンダ絵画です。[116] [117]オスマン帝国軍の正規兵を統治する法律に拘束されず、バシ・バズークは民間人を捕食することで悪名高くなった。[118]

クリミア戦争(1853-1856)はの領土に影響力のための主要なヨーロッパ列強間の実行時間の長いコンテストの一部であった減少オスマン帝国。戦争の財政的負担により、オスマン帝国は1854年8月4日に500万ポンドの対外債務を発行した。[119] [120]戦争はクリミア・タタール人の流出を引き起こし、そのうち約20万人がオスマン帝国に移住した。移民の波が続く中で。[121]コーカサス戦争の終わりに向かってチェルケス人の90%民族浄化された[122]。コーカサスの故郷から追放され、オスマン帝国に逃亡した[123]。その結果、トルコに50万人から70万人のチェルケス人が定住した。[124] [必要なページ] [125] [126]チェルケスの組織の中には、はるかに高い数を示し、合計で100万から150万人が国外追放または殺害された。 19世紀後半のクリミアタタール難民は、オスマン帝国の教育の近代化を目指し、汎テュルク主義とトルコナショナリズムの両方を最初に促進する上で特に注目すべき役割を果たしました[127]

この時期、オスマン帝国は教育にわずかな公的資金しか費やしていませんでした。たとえば、1860年から61年にかけて、総予算の0.2パーセントだけが教育に投資されました。[128]オスマン帝国は、外部からの脅威に対応してインフラと軍隊を近代化しようとしたとき、別の種類の脅威、つまり債権者の脅威にもさらされた。確かに、歴史家のユージン・ローガンが書いたように、19世紀の「中東の独立に対する唯一の最大の脅威」は「ヨーロッパの軍隊ではなくその銀行でした」。[129]クリミア戦争で債務を引き受け始めたオスマン帝国は、1875年に破産を宣言することを余儀なくされた。[130]1881年までに、オスマン帝国は、オスマン帝国公債管理局として知られる機関によって債務を管理することに合意しました。オスマン帝国は、フランスとイギリスの間で交代する大統領を持つヨーロッパ人男性の評議会です。組織はオスマン帝国経済の帯状地帯を支配し、その立場を利用して、ヨーロッパの資本が帝国に浸透し続け、しばしば地元のオスマン帝国の利益を損なうことを確実にしました。[130]

オスマン帝国のバシバズークは、1876年ブルガリアの蜂起残酷に抑制し、その過程で最大10万人を虐殺しました。[131]露土戦争(1877年から1878年)は、ロシアのための決定的な勝利で終わりました。その結果、ヨーロッパでのオスマン帝国の保有は急激に減少しました。ブルガリアはオスマン帝国内の独立した公国として設立されました。ルーマニアは完全な独立を達成しました。そしてセルビアモンテネグロはついに完全な独立を獲得しましたが、領土は狭くなりました。1878年、オーストリア-ハンガリーはオスマン帝国のボスニア・ヘルツェゴビナノビパザル

英国首相ベンジャミン・ディズレーリは、中にバルカン半島のオスマン帝国の領土を回復するために提唱ベルリン会議、そして見返りに、イギリスはの管理を想定キプロスを1878年に[132]イギリスは、後に軍隊を送ったエジプト鎮圧するために1882年にUrabiを反乱–スルタンアブドゥルハミドII自分の軍隊を動員するには偏執的すぎて、これがクーデターにつながることを恐れて、両方の領土で効果的に支配権を獲得しました。残酷さと妄想のために「アブデュルハミドザダムド」として一般に知られているアブデュルハミドIIは、クーデターの脅威を恐れていたため、軍隊に戦争ゲームを行わせませんでした。クーデター、しかし彼は軍の動員の必要性を見ました。 1883年、コルマールフォンデアゴルツ将軍の指揮するドイツ軍の任務がオスマン帝国軍を訓練するために到着し、ここ数年の政治で注目に値する役割を演じるドイツの訓練を受けた将校のいわゆる「ゴルツ世代」につながりました。帝国の。[133]

1894年から1896年にかけて、帝国全体に住む10万人から30万人のアルメニア人が、ハミディイェ虐殺として知られるようになった事件で殺害されました[134]

1897年の人口は1900万人で、そのうち1400万人(74%)がイスラム教徒でした。さらに2000万人が、スルタンの名目上の宗主国の下にとどまっているが、完全に彼の実際の権力の外にある州に住んでいた。ポルトは一つずつ名目上の権威を失った。それらには、エジプト、チュニジア、ブルガリア、キプロス、ボスニア-ヘルツェゴビナ、およびレバノンが含まれていました。[135]

オスマン帝国の規模が徐々に縮小するにつれ、コーカサス、クリミア、バルカン半島、および地中海の島々の以前の領土から約700万から900万人のイスラム教徒がアナトリアと東トラキアに移住しまし[136]帝国は第一次バルカン戦争(1912–13)を失った後、東トラキア(ヨーロッパのトルコ)を除くすべてのバルカン領土を失った。その結果、約40万人のイスラム教徒が撤退するオスマン帝国軍と共に逃亡し(多くは兵士によってもたらされたコレラで死亡した)、約40万人の非イスラム教徒が依然としてオスマン帝国の支配下にある領土から逃亡した。[137]ジャスティン・マッカーシー 1821年から1922年の間に、550万人のイスラム教徒が南東ヨーロッパで亡くなり、500万人が追放されたと推定されています。[138] [139] [140]

敗北と解散(1908–1922)

メフメト5世は、青年トルコ人革命後、オスマン帝国のスルタンと宣言されました

青年トルコ人運動

オスマン帝国敗北と解散(1908–1922)は、第二次立憲制時代から始まりました。これは、青年トルコ人革命によって確立された希望と約束の瞬間です。これは、復元された1876年のオスマン帝国の構成をして持ち込ま多政党政治との二段選挙制度選挙法の下で)オスマン帝国議会憲法は、帝国の市民を解放して州の制度を近代化し、その力を活性化し、外部の権力に対抗できるようにすることで希望を与えました。その自由の保証は、共同体間の緊張を解消し、帝国をより調和のとれた場所に変えることを約束しました。[141]代わりに、この期間は帝国の黄昏の闘争の物語となった。

1908年のオスマン帝国のキビの指導者による青年トルコ人革命の宣言

かつて地下に潜っていた青年トルコ人運動のメンバーは、今や彼らの党を設立した。[142]その中で、「統一と進歩委員会」と「自由と合意党」が主要な政党であった。スペクトルのもう一方の端には、ポアレイ・ツィオンアル・ファタート、およびアルメニア革命連盟の下で組織されたアルメニア国民運動を含む民族党がありました。内戦から利益を得て、オーストリア-ハンガリーは1908年にボスニアとヘルツェゴビナを正式に併合しました。最後のオスマン帝国の国勢調査1914年に行われました軍事改革にもかかわらずオスマン帝国の近代軍を再構成した帝国は、伊土戦争(1911)で北アフリカの領土とドデカニサ諸島を失いバルカン戦争(1912–1913)でヨーロッパの領土のほぼすべてを失いました帝国はに至るまでの数年間で継続的な不安に直面した第一次世界大戦を含め、1909年のオスマン帝国のcountercoup3月31日事件とで2つの別のクーデター1912年および1913年

第一次世界大戦

戦争は1914年10月29日のロシア黒海沿岸オスマン帝国の奇襲攻撃から始まりました。攻撃に続いて、ロシアとその同盟国であるフランスとイギリスはオスマン帝国への戦争を宣言しました。戦争の初期には、ガリポリ戦いクート包囲など、オスマン帝国の重要な勝利がいくつかありました

アルメニア人虐殺は、そのアルメニア人の被験者のオスマン帝国政府の体系的な駆除ました。推定150万人が殺されました。
ジェノサイド

1915年、オスマン帝国政府と地域のクルド人部族は、アルメニア人の人口の根絶を開始し、アルメニア人虐殺で最大150万人のアルメニア人が死亡しました[143] [144]ジェノサイドは第一次世界大戦中およびその後に実施され、虐殺による健常な男性集団の大規模な殺害と軍の徴兵制による強制労働への服従、その後の女性の強制送還という2つの段階で実施された。 、子供、高齢者シリア砂漠につながる死の行進で弱体。軍の護衛に駆り立てられて、被追放者は食料と水を奪われ、定期的な強盗、強姦、そして組織的な虐殺にさらされた[145] [146]民族浄化の同じキャンペーンの一環として、大規模な虐殺も帝国のギリシャ人アッシリア人の少数派に対して行われた。[147]

アラブ反乱

アラブ反乱は、イギリスの支援を受けて1916年に始まりました。それは、戦争の最初の2年間、彼らが優位に立っているように見えた中東戦域のオスマン帝国に対して流れを変えました。基づきフサイン=マクマホン協定、英国政府間の合意とフサイン・イブン・アリー、反乱を正式に6月10日1916年にメッカで開始された[注9]アラブ民族主義の目標は、単一を作成することでした統一と独立したアラブの状態から伸びアレッポシリアアデンイエメン英国が認識することを約束していました、。

Sharifian軍がフセインと率いるハーシム家の英国からの軍の裏で、エジプト遠征軍、首尾よく戦ったとの多くから、オスマン帝国軍のプレゼンスを追放ヒジャーズトランスヨルダン反乱は最終的にダマスカス奪い、フセインの息子であるファイサルが率いる短命の君主制を樹立した

サイクス・ピコ協定に続いて、中東は後にイギリスとフランスによって委任地域に分割されましたアラブ民族主義者の怒りに、統一されたアラブ国家はありませんでした。

セーヴル条約とトルコ独立戦争
オスマン帝国の最後のスルタンであるメフメト6世は、1922年11月17日、オスマン帝国の廃止後に国を去りました。

オスマン帝国はあらゆる面で敗北し、1918年10月30日にムドロス休戦協定に署名しましたコンスタンティノープルはイギリス、フランス、イタリア、ギリシャの合同軍によって占領されました。1919年5月、ギリシャはスマーナ(現在のイズミル)周辺の地域支配しました

オスマン帝国分割は、 1920年のセーヴル条約の条件の下で最終決定されましたこの条約は、ロンドン会議で設計されたように、スルタンが彼の地位と称号を保持することを可能にしました。占領軍を考えると、アナトリアの状況は問題でした。

トルコ国民運動でナショナリストの反対が起こったムスタファ・ケマル(後に「アタチュルク」という名前が付けられた)の指導の下トルコ独立戦争(1919–23)で勝利しましたスルタンは1922年11月1日に廃止され、最後のスルタンであるメフメト6世(1918年から22年に統治)は1922年11月17日に国を去りました。トルコ共和国は1923年10月29日に新しい首都設立されました。アンカラカリフは3月3日1924年に廃止された[149]

オスマン帝国に関する歴史的議論

イギリスの歴史家エドワード・ギボンやギリシャの歴史家ディミトリー・キツィキスなどの歴史家は、コンスタンティノープル陥落後、オスマン帝国がビザンチン(ローマ)国家の機械を引き継いだと主張しており、本質的にオスマン帝国は薄いトルコの イスラム教徒の装いの下の東ローマ帝国[150]キツィキスは、オスマン帝国を「ギリシャとトルコのコンドミニアム」と呼んだ。[151]アメリカの歴史家、スペロス・ヴリオニスは、オスマン帝国は「トルコ語イスラム教のベニヤを備えたビザンチン-バルカン基地」を中心としていたと書いている[152] Other historians have followed the lead of the Austrian historian Paul Wittek who emphasised the Islamic character of the Ottoman state, seeing the Ottoman state as a "Jihad state" dedicated to expanding the Muslim world.[152] Many historians led in 1937 by the Turkish historian Mehmet Fuat Köprülü championed the Ghazi thesis that saw the Ottoman state as a continuation of the way of life of the nomadic Turkic tribes who had come from East Asia to Anatolia via Central Asia and the Middle East on a much larger scale. They argued that the most important cultural influences on the Ottoman state came from Persia.[153]最近では、アメリカの歴史家ヒース・ローリーがオスマン帝国を「略奪的同盟」と呼び、トルコ人とギリシャ人がイスラム教に改宗した。[154] [155]

英国の歴史家ノーマン・ストーンは、東ローマとオスマン帝国の間に多くの連続性のような帝国提案zeugarionのオスマン帝国になってビザンチウムの税RESM-iのçiftの税、プロノイアの昇給に自分の能力を所有している土地の1の量を連動土地保有システム騎兵は、オットマンのになっティマルのシステム、及び土地オットマン測定はdönümはビザンチンと同じであったstremma。ストーンはまた、スンニ派イスラム教が国教であったにもかかわらず、東方正教会が was supported and controlled by the Ottoman state, and in return to accepting that control became the largest land-holder in the Ottoman Empire. Despite the similarities, Stone argued that a crucial difference was that the land grants under the timar system were not hereditary at first. Even after land grants under the timar system became inheritable, land ownings in the Ottoman Empire remained highly insecure, and the sultan could and did revoke land grants whenever he wished. Stone argued this insecurity in land tenure strongly discouraged Timariots from seeking long-term development of their land, and instead led the timariots最終的にオスマン帝国経済に悪影響を及ぼした短期搾取の戦略を採用すること。[156]

オスマン帝国のスルタンのほとんどはスーフィズムに固執し、スーフィーの命令に従い、スーフィズムが神に到達する正しい方法であると信じていました。[157]法学とシャリーアの問題は国家の問題であったため、国家が後援するスーフィーの宗教的支配が作用した。非スーフィーのイスラム教徒とアラブ人は無視され、ヒジャーズでいかなる地位も与えられなかった。[158]

政府

19世紀と20世紀の改革以前は、オスマン帝国の国家組織は、軍政と市民政権という2つの主要な側面からなるシステムでした。スルタンはシステムの最高の位置でした。民事制度は、地域の特性に基づいた地方行政単位に基づいていた。州は聖職者を支配していた。イスラムイランからの行政および法的慣行の採用を生き延びた特定のイスラム以前のトルコの伝統は、オスマン帝国の行政界において引き続き重要でした。[159]オスマン帝国の理解によれば、国家の主な責任は、イスラム教徒の土地を守り、拡大し、国境内の安全と調和を確保することでした。正統的なイスラムの慣習と王朝の主権。[160]

オスマン帝国、または王朝の機関であるオスマン家は、その規模と期間において、イスラム世界では前例のない比類のないものでした。[161]ヨーロッパでは、ハプスブルク家だけ13世紀後半から20世紀初頭にかけて、同じ家族から同じように長い間、同じ期間に統治していた、同様に途切れることのないソブリン(王/皇帝)の列がありました。オスマン王朝はトルコ出身でした。 11回、スルタンは、敵から国家への脅威と見なされたため、証言録取されました(元スルタンの兄弟、息子、または甥のいずれかであったオスマン王朝の別のスルタンに置き換えられました)。オスマン帝国の歴史上、支配的なオスマン王朝の座を奪う試みは2回しかありませんでした。どちらも失敗でした。これは、不必要な不安定さなしに長期間にわたって革命を管理できた政治システムを示唆しています。[160]そのため、最後のオスマン帝国のスルタンメフメト6世(r。1918–1922)は、直接の父系(男性系)の子孫でした。最初のオスマン帝国のスルタンオスマン1世(d。1323/ 4)は、ヨーロッパ(たとえば、ハプスブルク家の男性の家系が1740年に絶滅した)とイスラム世界の両方で比類のないものでした。インペリアルハーレムの主な目的は、オスマン帝国の王位への男性の相続人の誕生を確実にし、オスマン帝国のスルタンの直接の父系(男性系)の子孫の継続を確保することでした。

ハーレムの内部、トプカプ宮殿のスルタンの私邸

イスラム教で最も高い位置は、カリフは、始まるサルタンによって主張されたミュラドI[12]オットマンカリフとして設立されました。オスマン帝国のスルタン、パディシャ、または「王の領主」は、帝国の唯一の摂政としての役割を果たし、常に完全な支配権を行使したわけではありませんが、その政府の具現化と見なされました。インペリアルハーレムは、オスマン帝国の宮廷の最も重要な権力の1つでした。それはヴァリデスルタンによって支配されました。時折、ヴァリデスルタンは州の政治に関与するようになるでしょう。しばらくの間、ハーレムの女性たちは「女性のスルタン」と呼ばれる状態で国家を効果的に支配していました「。新しいスルタンは常に前のスルタンの息子から選ばれました。[疑わしい ]宮殿学校の強力な教育システムは、不適格な潜在的な相続人を排除し、後継者のための支配階級の間で支持を確立することを目的としていました。宮殿学校州の将来の管理者を教育することになる、は単一のトラックではありませんでした。最初に、マドラサメドレーゼ)がイスラム教徒に指定され、イスラムの伝統に従って学者や州の役人を教育しました。メドレーゼの財政的負担は支えられました。 vakifsによって、貧しい家族の子供たちがより高い社会的レベルと収入に移動することを可能にします。[162]第二トラックが無料だった寄宿学校キリスト教徒のため、Enderûn[163]に定住地域社会の中で40世帯に1から古い8と20年の間、キリスト教の男の子から毎年3,000学生を募集しているルメリア、またはバルカン知られているプロセスをDevshirmeDevşirmeとして[164]

スルタンは最高の君主でしたが、スルタンの政治的および行政的権威が委任されました。州の政治には、Divanとして知られる評議会の周りに多数の顧問と大臣が集まっていました。オスマン帝国がまだベイリックだった時代のディバンは、部族の長老たちで構成されていました。その後、その構成は、軍の将校や地元のエリート(宗教的および政治的顧問など)を含むように変更されました。その後も、1320年から、スルタンの責任の一部を引き受けるために大宰相が任命されました。大宰相はスルタンからかなり独立しており、任命、解任、監督の権限はほぼ無制限でした。 16世紀後半から、スルタンは政治から撤退し、大宰相は事実上の国家元首。[165]

ユスフ・ジヤ・パシャ、オスマン帝国駐米大使、ワシントン、1913年

オスマン帝国の歴史を通して、地方知事が独立して、そして統治者に反対してさえ行動した多くの例がありました。1908年の青年トルコ人革命後、オスマン帝国は立憲君主制になりました。スルタンはもはや行政権を持っていませんでした。議会が結成され、州から代表者が選ばれました。代表者たちはオスマン帝国の帝国政府を結成しました

この折衷的な政権は、当初は西側のギリシャ語で行われた帝国の外交文書でも明らかでした[166]

トゥグラは、彼らは、スルタンと彼の父親の名前を産んスルタンのシールの上に刻まれた35が、そこにあったのオスマン帝国のスルタンの書道モノグラム、または署名、でした。「常勝軍」という声明と祈りもほとんどの人に見られました。最古のものはオルハンガジのものでした。華やかに様式化されたトゥグラは、オスマントルコ語の書道の枝を生み出しました

法律

オスマン帝国の法制度は、その主題に関する宗教法受け入れました。同時に、カーヌーン(またはKanun)、世俗的な法制度は、宗教法またはと共存シャリア[167]オスマン帝国は、常に地方の法学のシステムを中心に組織されていた。オスマン帝国の法務行政は、中央と地方の権威のバランスをとるより大きな計画の一部でした。[168]オスマン帝国の権力は、土地の権利の管理を中心に決定的に展開し、地方当局が地元のキビのニーズを開発するためのスペースを与えた[168]オスマン帝国の管轄の複雑さは、文化的および宗教的に異なるグループの統合を可能にすることを目的としていました。[168]オスマン帝国の制度には、3つの法廷制度があった。1つはイスラム教徒向け、もう1つは非イスラム教徒向けであり、任命されたユダヤ人とキリスト教徒がそれぞれの宗教共同体を統治している。システム全体は、行政による上から調整したカーヌーンテュルク系に基づいて、すなわち、法律、システムYassa引き裂いたイスラム前の時代に開発されました、。[要出典]

オスマン帝国の裁判、1877年

ただし、これらの裁判所のカテゴリーは完全に排他的ではありませんでした。たとえば、帝国の主要な裁判所であったイスラム法廷は、異なる宗教の訴訟当事者間の貿易紛争や紛争を解決するためにも使用でき、ユダヤ人とキリスト教徒は、問題についてより強力な判決を得るためにしばしば彼らに行きました。オスマン帝国は、地方知事を通じて法的にそうする声を持っているにもかかわらず、非イスラム教の宗教法制度に干渉しない傾向がありました。イスラムのシャリーア法制度は、コーランの組み合わせから開発されましたハディース、または預言者の言葉ムハンマドijmā '、またはイスラム教徒のコミュニティのメンバーのコンセンサス; qiyas、以前の先例からの類推のシステム。と地元の習慣。どちらのシステムも、イスタンブールブルサにある帝国の法科大学院で教えられていました

不幸な妻は、オスマンの細密に描かれているように、夫の無力についてカーディに不平を言います

オスマン帝国のイスラム法制度は、伝統的なヨーロッパの裁判所とは異なって設定されました。イスラム法廷を主宰するのはカーディ、または裁判官でしょうイジュティハード、または解釈の門が閉鎖されて以来、オスマン帝国全体カーディーは法的先例に焦点を当てるのではなく、彼らが管理する地域の地元の慣習や伝統に焦点を当てていました。[168]しかしながら、オスマン帝国の法廷制度は上訴構造を欠いており、原告が彼らに有利な判決を達成するまで、ある法廷制度から別の法廷制度に紛争を持ち込むことができる司法訴訟戦略につながった。

19世紀後半、オスマン帝国の法制度は大幅な改革を遂げました。この法的な近代化のプロセスは、1839年のギュルハネ勅令から始まりました。[169]これらの改革には、「宗教に関係なく、すべての被告人の公正で公的な裁判」、「宗教と市民の別々の能力」のシステムの作成が含まれていました。 "、および非イスラム教徒に関する証言の検証。[170]特定の土地法典(1858)、民法典(1869–1876)、および民事訴訟法典も制定された。[170]

これらの改革は、3層の法廷制度の採用によって示されるように、フランスのモデルに大きく基づいていました。ニザミエと呼ばれるこの制度は、結婚、離婚、扶養手当、意志、その他の個人的地位の問題を規制する民法であるメジェッレの最終公布により、地方の治安判事レベルにまで拡大されました[170]司法能力の区分を明確にするために、行政評議会は、宗教問題は宗教裁判所によって処理され、制定法問題はニザミエ裁判所によって処理されることになっていると定めた。[170]

ミリタリー

三日月形の旗を掲げたオスマン帝国のスィパーヒーユゼフ・ブラント作
セリム3世は、1793年に彼の新しい軍隊であるニザームジェディッド(ニューオーダー)軍のパレードを見守っています。

オスマン帝国の最初の軍事部隊は、13世紀後半にアナトリア西部の丘に住む部族のオスマン1世によって組織された軍隊でした。軍事システムは、帝国の進歩とともに複雑な組織になりました。オスマン帝国軍は、徴兵と領地保持の複雑なシステムでした。主要部隊オスマン帝国軍はJanissary、含まスィパーヒーAkıncıMehterânを。オスマン帝国軍はかつて世界で最も進んだ戦闘部隊の1つであり、マスケット銃と大砲を最初に使用した軍隊の1つでした。オスマントルコ人は、コンスタンティノープル陥落の際に、短いが幅の広い大砲であるファルコネットを使い始めました。。オスマン帝国の騎兵隊は、重装甲ではなく高速性と機動性に依存し、高速のトルコ人馬アラビア馬(サラブレッド競走馬の祖先)に弓と短剣を使用し[171] [172]モンゴルと同様の戦術を適用することが多かった。三日月形のフォーメーション内で敵軍を取り囲みながら後退するふりをして、本物の攻撃を行うなどの帝国。オスマン帝国軍は17世紀から18世紀初頭にかけて効果的な戦闘部隊であり続け、[173] 1740年から1768年までの長い平和期間中にのみ、帝国のヨーロッパのライバルに遅れをとった[25]。

19世紀のオスマン帝国の近代化は軍隊から始まりました。 1826年、スルタンマフムト2世はイェニチェリ軍を廃止し、現代のオスマン帝国軍を設立しました。彼はそれらをニザーム・ジェディッド(ニューオーダー)と名付けました。オスマン帝国軍はまた、外国の専門家を雇い、西ヨーロッパ諸国での訓練のためにその将校を派遣した最初の機関でした。その結果、これらの比較的若くて新しく訓練された男性が彼らの教育で戻ったとき、若いトルコ人運動は始まりました。

オスマン帝国海軍は大幅にヨーロッパ大陸の帝国の領土の拡大に貢献しました。それは北アフリカの征服を開始し、1517年にオスマン帝国にアルジェリアとエジプトが加わりました。1821年のギリシャと1830年のアルジェリアの喪失を皮切りに、オスマン帝国の海軍力と帝国の遠い海外領土に対する支配は衰退し始めました。スルタンアブデュルアズィーズ(1861年から1876年に統治)は、強力なオスマン帝国海軍の再建を試み、イギリスとフランスに次ぐ最大の艦隊を建設しました。イギリスのバローにある造船所は、1886年にオスマン帝国のために最初の潜水艦建造しました[174]

第一次世界大戦初期の金角湾でのオスマン帝国海軍描いたドイツのポストカード。左上はスルタンメフメト5世の肖像画です

しかし、崩壊するオスマン帝国経済は、艦隊の力を長く維持することができませんでした。スルタン・アブデュルハミド2世は、改革派のミドハト・パシャを支持した提督を信用せず、露土戦争中、大規模で高価な艦隊はロシア人に対して役に立たなかったと主張しました。彼は艦隊のほとんどを金角湾内閉じ込め、そこで船は次の30年間崩壊しました。 1908年の青年トルコ人革命に続いて、統一と進歩委員会は強力なオスマン帝国の海軍力を開発しようとしました。オスマン帝国海軍財団は公共の寄付を通じて、新たな船を買うために1910年に設立されました。

オスマン帝国軍の航空の設立は1909年6月から1911年7月の間にさかのぼります。[175] [176]オスマン帝国は最初のパイロットと飛行機の準備を開始し、7月3日イェシルコイ航空学校(Tayyare Mektebi)を設立しました。 1912年、帝国は独自の飛行士官を指導し始めました。航空学校の設立は、軍事航空プログラムの進歩を早め、その中の入隊者の数を増やし、新しいパイロットにオスマン帝国軍と海軍で積極的な役割を与えました。 1913年5月、世界初の専門偵察訓練プログラムが航空学校によって開始され、最初の独立した偵察部門が設立されました。[要出典]1914年6月、新しい陸軍士官学校である海軍航空学校(Bahriye Tayyare Mektebi)が設立されました。第一次世界大戦の勃発とともに、近代化プロセスは突然停止しました。オスマン帝国航空隊から、第一次世界大戦中に多くの面で戦っガリシア東にコーカサスに西にイエメン南部で。

行政区画

1795年のエヤレト

オスマン帝国は、14世紀後半に、スルタンによって任命された知事との固定された領土単位の意味で、最初に州に細分化されました。[177]

Eyalet(もPashalikまたはBeylerbeylikは)の事務所の領土だったBeylerbey(「領主の領主」または知事)、さらにに細分されたSanjaks[178]

1317年の行政区画ヒジュラ暦、1899年グレゴリオ暦

Vilayetsは「Vilayet法」(の公布で導入されたTeskil-I Vilayet Nizamnamesi[179]タンジマート改革の一環として、1864年。[180]以前のエヤレト制度とは異なり、1864年の法律は行政単位の階層を確立した:ビラエトリバ/サンジャクカザ村議会それに1871年のビラエト法はナヒエを追加した[181]

経済

オスマン帝国政府は、商人や職人が新しい大都市を作るために不可欠であることを考慮して、オスマン帝国の歴代の首都であるブルサ、エディルネ、イスタンブールを主要な商業および工業の中心地に発展させるための政策を意図的に追求しました。[182]この目的のために、メフメトと彼の後継者であるバイエジッドはまた、イスタンブールやサロニカのような他の港湾都市に定住したヨーロッパのさまざまな地域からのユダヤ人の移住を奨励し、歓迎した。ヨーロッパの多くの場所で、ユダヤ人は、レコンキスタの終了後、スペインなどのキリスト教徒の対応者の手による迫害に苦しんでいました。トルコ人によって示された寛容は移民によって歓迎されました。

スルタンメフメト征服王の時代のヨーロッパの銅メダル、1481年

オスマン帝国の経済精神は、中東の国家と社会の基本概念と密接に関連しており、国家の究極の目標は統治者の権力の統合と拡大であり、それに到達する方法は、生産的なクラスを繁栄させます。[183]最終的な目的は、社会的混乱の発生を防ぎ、社会の伝統的な組織を無傷に保つために、被験者の繁栄を損なうことなく州の歳入を増やすことでした。オスマン帝国の経済は近世に大きく拡大し、18世紀前半には特に高い成長率を示しました。帝国の年収は、インフレ調整後、1523年から1748年の間に4倍になりました。[184]

財務省と偶然の組織は、オスマン帝国の下で他のどのイスラム政府よりも発展し、17世紀まで、すべての同時代の人々の中で主要な組織でした。[165]この組織は、部分的に高度に訓練されたウラマーである別個のグループとして、書記官僚機構(「ペンの男」として知られている)を発展させ、それは専門家団体に発展した。[165]この専門的な金融機関の有効性は、多くの偉大なオスマン帝国の政治家の成功の背後にあります。[185]

オスマン帝国銀行は、銀行がして、1896年8月にコンスタンティノープルに1856年に設立されたキャプチャのメンバーによるアルメニア革命連盟

現代のオスマン帝国の研究は、オスマントルコ人と中央ヨーロッパの間の関係の変化が新しい航路の開通によって引き起こされたことを示しています。オスマン帝国自体の衰退と並行して、西ヨーロッパが中東と地中海を迂回する海路を開通したため、東への陸路の重要性が低下していることがわかります。[186] [失敗した検証]アングロ・オスマン条約としても知られ、バルタLimanの条約英語とフランス語の競合企業に直接オスマン市場を開設し、この開発に沿ってステージングポストの一つとして見られます。

商業センターとルートを開発し、人々が国の耕作地の面積を拡大し、その領土を介して国際貿易を行うことを奨励することにより、州は帝国で基本的な経済機能を果たしました。しかし、これらすべてにおいて、国家の財政的および政治的利益が支配的でした。彼らが住んでいた社会的および政治的システムの中で、オスマン帝国の管理者は、西ヨーロッパで発展している資本主義および重商主義経済のダイナミクスと原則の望ましさを見ることができませんでした。[187]

経済史学者のポール・バイロックは、自由貿易がオスマン帝国の産業空洞化貢献したと主張している中国、日本、スペイン保護貿易主義とは対照的に、オスマン帝国は外国からの輸入に開放され自由貿易政策を持っていました。これはオスマン帝国のカピチュレーションに端を発し、1536年にフランスと締結された最初の通商条約にまでさかのぼり、1673年と1740年にカピチュレーション行われ、輸出入の関税が3%に引き下げられました。リベラルなオスマン帝国の政策は、JRマッカロックの商学辞典などの英国の経済学者から賞賛されました。(1834)しかし、後に、1846年の穀物法の議論でオスマン帝国を「無制限の競争によって行われた負傷の例」として引用したベンジャミン・ディズレーリ首相などの英国の政治家によって批判された[188]

人口統計

1520年から1535年の期間の帝国の人口推定11,692,480は、オスマン帝国の十分の一税登録簿の世帯を数え、この数に5を掛けることによって得られました。[189]理由は不明ですが、18世紀の人口は18世紀の人口よりも少なかった。16世紀。[190] 1831年に行われた最初の国勢調査の推定7,230,660は、この国勢調査が徴兵の可能性を登録することだけを目的としていたため、深刻な過小評価と見なされます。[189]

1900年にオスマン帝国の支配下にあったスマーナ

オスマン帝国の国勢調査は19世紀初頭に始まったばかりです。 1831年以降の数値は国勢調査の公式結果として入手できますが、国勢調査は全人口を対象としていませんでした。たとえば、1831年の国勢調査では男性のみがカウントされ、帝国全体はカバーされていませんでした。[82] [189]初期の期間では、人口のサイズと分布の推定値は、観察された人口統計パターンに基づいています。[191]

しかし、1800年までに2500万から3200万に達し始め、ヨーロッパの州(主にバルカン半島)で約1000万、アジアの州で1100万、アフリカの州で約300万になりました。人口密度はヨーロッパの州で高く、アナトリアの2倍であり、イラクとシリアの人口密度の3倍、アラビアの人口密度の5倍でした。[192]

ビューガラタカラキョイ)とガラタ橋の上のゴールデンホーンC。 1880〜1893

19世紀初頭のセルビアの20代半ばと比較して、帝国の存在の終わりに向けての平均余命は49年でした。[193]エピデミック疾患と飢饉は、大きな混乱と人口動態の変化を引き起こした。 1785年、エジプトの人口の約6分の1がペストで亡くなり、アレッポでは18世紀に人口が20%減少しました。 1687年から1731年の間に6つの飢饉がエジプトだけを襲い、アナトリアを襲った最後の飢饉は40年後のことでした。[194]

港湾都市の台頭により、蒸気船や鉄道の開発によって人口が密集しました。都市化は1700年から1922年に増加し、町や都市が成長しました。ギリシャのサロニカのような港湾都市では、人口が1800年の55,000人から1912年には16万人に増加し、1800年に15万人だったイズミールは1914年までに30万人に増加しました。 。[195] [196]逆に、一部の地域では人口が減少しました。ベオグラードでは、主に政治的争いにより、人口が25,000人から8,000人に減少しました。[195]

経済的および政治的移住は帝国全体に影響を及ぼしました。たとえば、クリミア地域とバルカン地域ロシアとオーストリア-ハプスブルク家の併合では、それぞれイスラム教徒の難民が大量に流入し、20万人のクリミアタタール人がドブルジャに逃げました。[197] 1783年から1913年の間に、約500万から700万人の難民がオスマン帝国に殺到し、そのうち少なくとも380万人がロシアから来ていた。一部の移民は、帝国の一部(トルコとブルガリアなど)間の政治的緊張などの消えない痕跡を残しましたが、他の地域では遠心力の影響が見られ、多様な人口からより単純な人口統計が出現しました。経済はまた、職人、商人、製造業者、農業従事者の喪失の影響を受けました。[198]19世紀以来、バルカン半島からのイスラム教徒の大部分が現在のトルコに移住しました。これらの人々はMuhacirと呼ばれます[199]オスマン帝国が1922年に終焉を迎えるまでに、トルコの都市人口の半分はロシアからのイスラム教徒の難民の子孫でした。[113]

言語

いくつかの言語で表示される1911年のオスマン暦

オスマントルコ語は帝国の公用語でした。それはだったオグズ テュルク系言語非常に影響を受けペルシャ語アラビア語。オスマン帝国にはいくつかの影響力のある言語がありました。トルコ語は、アナトリアの大多数の人々と、アルバニアボスニアを除くバルカン半島の大多数のイスラム教徒によって話されました。ペルシア語、教育を受けた人だけが話します。[200]アラビア語、主にエジプト、レバントアラビア、イラク、北アフリカ、クウェート、およびアフリカベルベル人の一部で話されている北アフリカで。しかし、過去2世紀に、これらの使用は制限され、具体的になりました。ペルシア語は主に教育を受けた人の文語として機能し[200]アラビア語はイスラム教の祈りに使用されました。トルコ語は、オスマン帝国のバリエーションで、オスマン帝国の初期の頃から軍事と行政の言語でした。 1876年のオスマン帝国憲法は、トルコの公式の帝国の地位を公式に確固たるものにしました。[201]タンジマート後の時代に、フランス語は教育を受けた人々の間で一般的な西洋言語になりました。[10]

国民の間に低い識字率(2-3%〜約早い19世紀まではわずか約15%、19世紀の終わりに)ので、普通の人が雇っていたスクライブを(「特別なリクエスト作家」としてarzuhâlci S )政府と通信できるようにする。[202]民族グループは、彼らの家族や近所(マハッラ)内で彼ら自身の言語(例えば、ユダヤ人、ギリシャ人、アルメニア人など)で話し続けた2人以上の人口が一緒に住んでいた村では、住民はしばしばお互いの言語を話しました。コスモポリタンな都市では、人々はしばしば自分の家族の言語を話しました。トルコ人ではない人々の多くは、第二言語としてトルコ語を話しました。

宗教

アブデュルメジド2世イスラム教の最後のカリフであり、オスマン王朝のメンバーでした

オスマン帝国の帝国制度では、非イスラム教徒の集団に対するイスラム教徒の支配の覇権力が存在したにもかかわらず、非イスラム教徒のコミュニティはイスラムの伝統において国家の承認と保護を与えられていた。[203]オスマン帝国の公式に認められた州Dīn マズハブはスンニ派ハナフィー学派であった[204]

15世紀の後半まで、帝国はイスラム教徒の少数派の支配下でキリスト教徒の多数派を持っていました。[168] 19世紀後半、分離だけでなく、移住運動のために、帝国の非イスラム教徒の人口はかなり減少し始めた。[203]イスラム教徒の割合は1820年代に60%に達し、1870年代には69%に、1890年代には76%に徐々に増加した。[203] 1914年までに、帝国の人口の19.1%だけが非イスラム教徒であり、ほとんどがユダヤ人とキリスト教徒のギリシャ人、アッシリア人、アルメニア人で構成されていた。[203]

イスラム教

の名前ムハンマドと最初のカリフを描いたフリットウェアのタイルに書かれた書道c。 1727 [205]

チュルク人はイスラム教を採用する前にさまざまなシャーマニズムを実践していました。中央アジアにおけるアッバース朝の影響力は、イスラム教徒によるトランスオキシアナの征服によって大いに促進されたプロセスを通じて確保されましたセルジューク帝国とオスマン帝国の両方の祖先であっオグズトルコ人を含むさまざまなテュルク族の多くは、徐々にイスラム教に改宗し、11世紀からアナトリアに宗教をもたらしました。オスマン帝国の創設以来、オスマン帝国はマトゥリディの 信条(イスラム神学の学校)とハナフィー 学派のマズハブ(イスラム法学の学校)に従いました[206] [207] [208]

以下のような異端と見なさイスラム教の宗派、ドルーズイスマーイールAlevis、とアラウィー派は、ユダヤ人とキリスト教徒の下にランクインしています。[209] ドゥルーズ派はオスマン帝国によって迫害されており[210]オスマン帝国はしばしばイブン・タイミーヤの宗教的裁定に依存してドゥルーズ派の迫害を正当化してきた。[211] 1514年、スルタンセリム1世は、ライバルのサファヴィー朝の第5列と見なした40,000人のアナトリアアレヴィー派(クズルバシュの虐殺を命じました。セリムはまた、特に彼を通じて、オスマン帝国の中東への前例のない急速な拡大に責任がありました。エジプトのマムルーク朝全体の征服これらの征服により、オスマン帝国のスルタンはムラト1世(1362年から1389年に統治)から14世紀以来カリフの称号を主張していたが、セリムはイスラム教のカリフであるというオスマン帝国の主張をさらに固めた。[12]カリフは、オスマン帝国のスルタンが事務所の残りの期間保持し続け、1924年3月3日にトルコ大国民議会によって廃止され、最後のカリフであるアブデュルメジド2世がフランスに追放された。

キリスト教とユダヤ教

オスマン帝国では、イスラム教徒のズィンミー制度に従って、キリスト教徒には制限された自由(崇拝する権利など)が保証されていました。彼らは武器を持ったり、馬に乗ったりすることを禁じられていました。彼らの家は、他のさまざまな法的制限に加えて、イスラム教徒の家を見落とすことはできませんでした。[212]多くのキリスト教徒とユダヤ人は、社会における完全な地位を確保するために改宗した。しかし、ほとんどの人は制限なしに古い宗教を実践し続けました。[213]

ミレット制の下では、非イスラム教徒は帝国の対象と見なされていましたが、イスラム教徒の信仰やイスラム法の対象ではありませんでした。たとえば、正教会のキビは、900年間ビザンチン帝国で施行されていたユスティニアヌス法の正式な対象でした。また、イスラムオスマン帝国の非イスラム教徒(またはズィンミー)の最大のグループとして、正教会のキビは政治と商業の分野で多くの特別な特権を与えられ、イスラム教徒の被験者よりも高い税金を支払わなければなりませんでした。[214] [215]

同様のミレットが、ハハム・バッシまたはオスマン帝国の首席ラビの権威の下にあったオスマン帝国のユダヤ人コミュニティのために設立されました司教長の権限下にあっアルメニアの使徒コミュニティ。そして他の多くの宗教コミュニティも同様です。[216]ミレット制は前近代の宗教多元主義の一例であると主張する人もいます。[217]

社会的、政治的、宗教的構造

社会、政府、宗教は、1800年頃以降、アタチュルクが1922年以降に体系的に解体した複雑な重複した非効率的なシステムで、複雑な方法で相互に関連していました。[218] [219]コンスタンティノープルでは、​​スルタンは2つの異なる領域を支配しました。宗教的階層。宗教関係者は、宗教の教えと神学、そして帝国の司法制度を管理していたウラマーを結成し、帝国全体のコミュニティ(非イスラム教徒のキビを除く)の日常業務で主要な発言権を与えました。彼らは、スルタンセリム3世によって提案された軍事改革を拒否するのに十分強力でした。彼の後継者であるスルタンマフムト2世(r。1808–1839)は、同様の改革を提案する前に、最初にウラマーの承認を得ました。[220]アタチュルクによってもたらされた世俗化プログラムは、ウラマーとその制度を終わらせた。カリフ制は廃止され、マドラサは閉鎖され、シャリーア裁判所は廃止されました。彼はアラビア語のアルファベットをラテン文字に置き換え、宗教学校制度を終了し、女性にいくつかの政治的権利を与えました。多くの地方の伝統主義者はこの世俗化を決して受け入れませんでした、そして1990年代までに彼らはイスラム教のためのより大きな役割への要求を再び主張していました。[221]

1910年の小アジアの民族地図

イェニチェリは初期には非常に手ごわい軍事部隊でしたが、西ヨーロッパがその軍事組織技術を近代化するにつれて、イェニチェリはすべての変化に抵抗する反動勢力になりました。オスマン帝国の軍事力は着実に時代遅れになりましたが、イェニチェリが彼らの特権が脅かされていると感じたとき、部外者が彼らを近代化したいと思ったとき、または彼らが騎兵に取って代わられるかもしれないとき、彼らは反乱を起こしました。反乱は双方で非常に激しいものでしたが、イェニチェリが制圧されるまでに、オスマン帝国軍が西側に追いつくには遅すぎました。[222] [223]幸運な事件でイェニチェリ破壊されたことにより、政治体制は一変した。1826年の、反乱を起こした非常に強力な軍/政府/警察の力でした。スルタンマフムト2世は反乱を鎮圧し、指導者を処刑し、大規模な組織を解散させました。それは、政府が西洋の官僚主義と軍事技術の主要な要素を採用することをさまざまな成功を収めて求めたように、政府機能の近代化の遅いプロセスの舞台を設定しました。

サフランボルの町は、保存状態の良いオスマン帝国時代の家屋と建築物により、1994年ユネスコの世界遺産に登録されました。[224]

イェニチェリはキリスト教徒や他の少数派から採用されていました。彼らの廃止は、オスマン帝国を支配するトルコのエリートの出現を可能にしました。問題は、トルコ語の要素は教育が非常に不十分であり、いかなる種類の高校も不足しており、より広い学習を妨げるアラビア語のアルファベットを使用するトルコ語に閉じ込められていたということでした。多数の少数民族および宗教的少数派は、キビと呼ばれる独自の分離された領域で容認されました。[225]彼らは主にギリシャ人アルメニア人、またはユダヤでした。それぞれの地域で、彼らは自分たちを統治し、自分たちの言語を話し、自分たちの学校、文化的、宗教的機関を運営し、いくらか高い税金を支払いました。彼らはキビの外には力がありませんでした。帝国政府は彼らを保護し、民族グループ間の大規模な激しい衝突を防いだ。しかし、キビは帝国への忠誠心をほとんど示しませんでした。独特の宗教と言語に基づく民族ナショナリズムは、最終的にオスマン帝国を破壊する求心力を提供しました。[226]さらに、ミレットシステムの一部ではなかったイスラム教徒の民族グループ、特にアラブ人とクルド人は、トルコ文化の外にあり、独自のナショナリズムを発展させました。イギリスは第一次世界大戦でアラブ民族主義を後援し、アラブの支援の見返りに独立したアラブ国家を約束した。ほとんどのアラブ人はスルタンを支持しましたが、メッカの近くの人々は英国の約束を信じて支持しました。[227]

パドヴァの元の聖アンソニー教会、イスタンブールは1725年に地元のイタリア人コミュニティによって建てられましたが、後に取り壊され、同じ場所に建てられた現在の建物に置き換えられました。

地方レベルでは、権力は「アヤン」または地方の著名人によってスルタンの支配を超えて保持されていたアヤンは税金を徴収し、他の著名人と競争するために地元の軍隊を結成し、政治的または経済的変化に対して反動的な態度をとり、しばしばスルタンから受け継がれた政策に逆らいました。[228]

経済システムはほとんど進歩しなかった。イスラム教の秘密文書を汚すことを恐れて、18世紀まで印刷は禁止されていました。しかし、キビは、ギリシャ語、ヘブライ語、アルメニア語、およびナショナリズムを大いに促進した他の言語を使用して、独自のプレスを許可されました。利息を請求することの宗教的禁止は、ユダヤ人とキリスト教徒の間で繁栄したものの、イスラム教徒の間の起業家のスキルのほとんどを差し押さえました。

18世紀以降、ロシアが大きな圧力をかけ、南に拡大したため、オスマン帝国は明らかに縮小していました。エジプトは1805年に事実上独立し、後にイギリスがキプロスとともにそれを引き継ぎました。ギリシャは独立し、セルビアや他のバルカン地域は、ナショナリズムの力が帝国主義に反対するにつれて、非常に落ち着きを取り戻しました。フランス人がアルジェリアとチュニジアを乗っ取った。ヨーロッパ人は皆、帝国は急速に衰退している病人だと思っていました。ドイツ人だけが助けになったようで、彼らの支援によりオスマン帝国は1915年に中央同盟国に加わり、その結果、彼らは1918年に第一次世界大戦で最も大きな敗者の1人として出てきました。[229]

文化

オスマン帝国レバノンの水ギセルショップの描写

オスマン帝国は、征服した地域の伝統、芸術、文化の制度のいくつかを吸収し、新しい次元を追加しました。以前の帝国(建築、料理、音楽、レジャー、政府などの分野)の多くの伝統と文化的特徴がオスマントルコによって採用され、オスマントルコはそれらを新しい形に発展させ、新しい独特のオスマン文化的アイデンティティをもたらしました。新しく追加された合併にもかかわらず、オスマン王朝。[要出典]オスマン帝国の主な文語はトルコ語でしたが、帝国のイメージを投影するための手段としてペルシア語が好まれました。[230]

新しいモスクエミニョニュのバザール、コンスタンチノープル、c。 1895年

奴隷制はオスマン帝国社会の一部であり[231]、ほとんどの奴隷は家事使用人として雇われていた。南北アメリカで広まったような農業奴隷制は比較的まれでした。動産奴隷制のシステムとは異なり、イスラム法に基づく奴隷動産は見なされませんでしたが、限定的ではありますが基本的な権利を維持していました。これは彼らに虐待に対するある程度の保護を与えました。[232] 1908年まで、女性の奴隷はまだ帝国で売られていた。[233] 19世紀の間、帝国は西ヨーロッパ諸国からその慣行を非合法化するよう圧力を受けた。 19世紀を通じてさまざまなスルタンによって開発された政策は、オスマン帝国の奴隷貿易を削減しようとしましたしかし、奴隷制には何世紀にもわたる宗教的支援と制裁があったため、帝国では奴隷制が廃止されることはありませんでした。[216]

ペストは、19世紀の第2四半期まで、オスマン帝国社会の大きな惨劇であり続けました。「1701年から1750年の間に、37件の大小のペストの流行がイスタンブールで記録され、31件が1751年から1801年の間に記録されました。」[234]

オスマン帝国はペルシャの官僚的な伝統と文化を採用しました。スルタンはまた、ペルシャ文学の発展に重要な貢献をしました。[235]

教育

ベヤズット州立図書館は1884年に設立されました。

オスマン帝国では、各キビはそのメンバーにサービスを提供する学校教育システムを確立しました。[236]したがって、教育は民族的および宗教的線で大きく分けられた。非イスラム教徒はイスラム教徒の学生のために学校に通うことはほとんどなく、その逆も同様である。フランス語または他の言語で教えられたすべての民族および宗教グループにサービスを提供したほとんどの機関。[237]

文献

オスマン帝国の文学の2つの主要な流れは、詩と散文です。詩は圧倒的に支配的な流れでした。 19世紀まで、オスマン帝国の詩にはフィクションの例は含まれていませんでした。たとえば、ヨーロッパのロマンス、短編小説、小説に相当するものはありませんでした。しかし、トルコの民俗文学ディヴァンの詩の両方に、類似のジャンルが存在していました

オスマン帝国のディバンの詩は、非常に儀式化された象徴的な芸術形式でした。主にそれを刺激しペルシャの詩から、それはその意味と相互関係-類似性(مراعاتنظيرmura'ât-inazîr/تناسبtenâsüb)と反対(تضادtezâd)の両方が多かれ少なかれ規定された豊富なシンボルを継承しました。ディヴァンの詩は、厳格な計量的枠組みの中でそのような多くの画像を絶えず並置することによって作曲されたため、多くの潜在的な意味が浮かび上がってきます。ディヴァンの詩の大部分は、本質的抒情詩でした。ガゼル(伝統のレパートリーの大部分を構成する)またはカシデスのいずれかです。しかし、他の一般的なジャンル、特にmesnevî、一種の詩のロマンスがありましたしたがって、さまざまな物語詩; この形式の二つの最も顕著な例がありLeyliとMajnunフズーリーHüsnüASKŞeyhGâlibSeyahatnâmeエヴリヤ・チェレビ(1611-1682)は、紀行の顕著な例です。

最も有名なオスマン帝国の詩人の一人、アフメット・ネディーム・エフェンディ

19世紀まで、オスマン帝国の散文は、現代のディヴァンの詩ほどには発展しませんでした。この理由の大部分は、その多くの散文をSEC(سجعもSECIとして音訳)、または規則に準拠することが期待した押韻散文[238]アラビア語の子孫書き込みの種類SAJ」とその規定します文などの単語の文字列内の各形容詞と名詞のには、が必要です。それにもかかわらず、当時の文学には散文の伝統がありましたが、本質的にはノンフィクションでした。明らかな例外の1つはGiritli Ali AzizEfendiによるMuhayyelât(「ファンシー」)でした。、1796年に書かれた幻想的な物語のコレクションですが、1867年まで出版されませんでした。オスマン帝国で最初に出版された小説は、ヴァルタンパシャという名前のアルメニア人によるものでした。 1851年に出版されたこの小説は、The Story of Akabi(Turkish:Akabi Hikyayesi)というタイトルで、トルコ語で書かれていますが、アルメニア文字で書かれています。[239] [240] [241] [242]

フランスとの歴史的な密接な関係により、フランス文学は、19世紀の後半を通してオスマン文学に対する西洋の主要な影響を構成するようになりました。その結果、この時期にフランスで流行した同じ運動の多くは、オスマン帝国に相当するものも持っていました。たとえば、発展途上のオスマン帝国の伝統では、ロマン主義の影響はタンジマート時代に見られ、写実主義自然主義運動の影響はその後の時代に見られます。詩的な伝統の中で、他の一方で、それが影響した象徴Parnassian最優先になった動き。

タンジマート時代の作家の多くは、同時にいくつかの異なるジャンルで執筆しました。たとえば、詩人のナムク・ケマルは1876年の重要な小説「イブラヒム・シナシ」も書いていますが、ジャーナリストのイブラヒム・シナシは1860年に、最初の現代トルコ劇であるワンアクトコメディー「ŞairEvlenmesi」(」を書いたことで有名です。詩人の結婚」)。初期の劇、「Vakâyi'-i'AcibeveHavâdis-iGaribe-yiKefşgerAhmed」(「CobblerAhmedの奇妙な出来事と奇妙な出来事」)と題され茶番は、19世紀の初めにさかのぼりますが、そこにはその信憑性については疑問が残ります。同様に、小説家のアフメト・ミドハット・エフェンディロマン主義(HasanMellâhyâhudSırrİçindeEsrâr、1873年;「Hasanthe Sailor、またはミステリー内のミステリー」)、リアリズム(HenüzonYediYaşında、1881年;「ちょうど17歳」)の主要な運動のそれぞれで重要な小説を書いた。 )、および自然主義(Müşâhedât、1891;「観察」)。この多様性は、部分的には、オスマン帝国の社会構造の活性化に貢献することを期待して、タンジマートの作家ができるだけ多くの新しい文学を広めたいという願望によるものでした[243]

メディア

建築

オスマン建築は、ペルシャビザンチン、ギリシャイスラムの建築の影響を受けました中に立ち上がり期間(初期又は最初のオスマン建築の期間)、オスマン帝国の芸術は新しいアイデアを探していました。帝国成長期は、オスマン帝国の芸術が最も自信を持っていた古典的な建築の時代になりました。しかし、停滞期の数年間、オスマン建築はこのスタイルから離れました。中にチューリップ時代、それは西ヨーロッパの非常に装飾様式の影響下にありました。バロックロココ帝国と他のスタイルが混ざり合った。オスマン建築の概念は主にモスクに集中していますモスクは社会、都市計画、そして共同生活に不可欠でした。モスクのほかに、炊き出し、神学校、病院、トルコ風呂、墓でオスマン建築の良い例を見つけることもできます

イスタンブールとエディルネに加えて、古典派のオスマン建築の例は、モスク、橋、噴水、学校が建てられたエジプト、エリトリア、チュニジア、アルジェ、バルカン、ルーマニアでも見ることができます。オスマン帝国の幅広い民族的範囲のために、オスマン帝国の装飾の芸術は多くの影響を受けて発展しました。最高の宮廷芸術家は、伝統的なビザンチン美術中国美術の要素を混ぜ合わせるなど、多くの多元的な芸術的影響でオスマン帝国を豊かにしました[244]

装飾芸術

オスマン帝国のミニチュアは、オスマン帝国文化の西洋化によってその機能を失いました。

伝統オットマンミニチュア原稿を説明するために塗装又は専用のアルバムに使用されるが、高濃度の影響を受けていたペルシャ、それはまたの要素が含まが、芸術形式ビザンチンの伝統照明や絵画。[要出典]ギリシャの画家アカデミー、ナッカシャネ・イ・ラム15世紀にトプカピ宮殿設立され、翌世紀の初めに同様のペルシャのアカデミー、ナッカシャネ・イ・イラニが追加されました。

オスマンの細密画の比喩的なイメージとは対照的に、オスマンのイルミネーションは、本やムラッカアやアルバムのシートに描かれた、または描かれた非比喩的な装飾芸術をカバーしています。オスマンの細密(taswir)、書道(hat)、イスラム書道、製本(cilt)、墨流しebruとともにオスマンブックアーツの一部でした。オスマン帝国では、装飾写本はスルタンまたは法廷の管理者から依頼されました。トプカピ宮殿では、これらの写本はナッカシャンで働いている芸術家によって作成されました、ミニチュアとイルミネーションアーティストのアトリエ。宗教的な本と非宗教的な本の両方が照らされる可能性があります。また、アルバム用シートlevhaが点灯書道(から成って帽子の)トゥグラ、聖典、詩やことわざから詩、そして純粋に装飾的な図面。

カーペット織りの芸術はオスマン帝国で特に重要でした。カーペットは装飾的な家具として、宗教的およびその他の象徴性に富み、居住区で靴を脱ぐのが通例であったため、実用的な考慮事項として非常に重要でした。[245]そのような絨毯の織り方は、中央アジアの遊牧民の文化(絨毯は持ち運びが容易な家具の形態である)に端を発し、最終的にはアナトリアの定住社会に広まった。トルコ人は、部屋の床だけでなく、壁や出入り口にぶら下がって断熱材を追加するために、カーペット、敷物、キリムを使用していました。彼らはまた、一般的にモスクに寄付されました、それはしばしばそれらの大規模なコレクションを集めました。[246]

音楽と舞台芸術

オスマン古典音楽は、オスマン帝国のエリートの教育の重要な部分でした。オスマン帝国のスルタンの多くは、セリム3世など、熟練したミュージシャンや作曲家自身であり、その作曲は今日でも頻繁に行われています。オスマン古典音楽は、主にビザンチン音楽アルメニア音楽アラブ音楽ペルシャ音楽の合流点から生まれました構成的には、西洋音楽のメートルいくぶん似ているusulと呼ばれるリズム単位と西洋音楽モードにいくらか似ているmakamと呼ばれる旋律単位を中心に構成されています。

楽器使用はアナトリアと中央アジアの楽器(の混合物であるSAZサズkemence)、他の中東の楽器(UDtanburkanunネイ)、および-以降の伝統西洋楽器で(バイオリンとピアノ)。首都と他の地域の間の地理的および文化的な隔たりのために、オスマン帝国では、オスマン古典音楽と民俗音楽という2つの大きく異なるスタイルの音楽が生まれました。地方では、いくつかの異なる種類の民謡作成されました。卓越した音楽スタイルを持つ最も支配的な地域は、バルカン-トラキアのトルコ石、北東(ラズ)トルコ石、エーゲ海のトルコ石、中央アナトリアのトルコ石、東アナトリアのトルコ石、および白人のトルコ石です。独特のスタイルのいくつかは次のとおりでした:イェニチェリ音楽ロマ音楽ベリーダンストルコ民謡

カラギョズとハシバトと呼ばれる伝統的な影絵芝居はオスマン帝国全体に広まり、その文化の主要な民族的および社会的グループのすべてを代表するキャラクターが登場しました。[247] [248]それは、すべてのキャラクターを声に出し、タンバリンdefを伴った一人の人形使いによって行われたその起源はあいまいで、おそらく古いエジプトの伝統に由来するか、おそらくアジアの情報源に由来します。

料理

パンを焼くトルコの女性、1790年

オスマン帝国の料理とは、首都コンスタンティノープルイスタンブール)と地方の首都の料理を指します。ここでは、文化のるつぼが、民族に関係なくほとんどの人が共有する共通の料理を生み出しました。この多様な料理は、帝国の特定の地域から連れてこられたシェフによって皇居の厨房で研ぎ澄まされ、さまざまな食材を作り、実験しました。オスマン帝国の宮殿の厨房の創造物は、たとえばラマダンのイベントやパシャヤルスでの料理を通じて人々にフィルターされ、そこから残りの人々に広がりました。

多くの旧オスマン帝国の領土の料理の今日は、共有オスマン料理から下降し、特にトルコ、および含めギリシャバルカンアルメニア、および中東料理。[249]かつて一般的なオスマン料理の子孫であるこの地域の多くの一般的な料理には、ヨーグルトドネルケバブ/ジャイロ/シャワルマカチュク/ツァッツィキアイランピタパンフェタチーズバクラヴァラフマジュンムサカが含まれますyuvarlak, köfte/keftés/kofta, börek/boureki, rakı/rakia/tsipouro/tsikoudia, meze, dolma, sarma, rice pilaf, Turkish coffee, sujuk, kashk, keşkek, manti, lavash, kanafeh, and more.

Science and technology

Ottoman Imperial Museum, today the Istanbul Archaeology Museums
Girl Reciting the Qurān (Kuran Okuyan Kız), an 1880 painting by the Ottoman polymath Osman Hamdi Bey, whose works often showed women engaged in educational activities.[250]

Over the course of Ottoman history, the Ottomans managed to build a large collection of libraries complete with translations of books from other cultures, as well as original manuscripts.[53] A great part of this desire for local and foreign manuscripts arose in the 15th century. Sultan Mehmet II ordered Georgios Amiroutzes, a Greek scholar from Trabzon, to translate and make available to Ottoman educational institutions the geography book of Ptolemy. Another example is Ali Qushji – an astronomer, mathematician and physicist originally from Samarkand – who became a professor in two madrasas and influenced Ottoman circles as a result of his writings and the activities of his students, even though he only spent two or three years in Constantinople before his death.[251]

Taqi al-Din built the Constantinople observatory of Taqi al-Din in 1577, where he carried out observations until 1580. He calculated the eccentricity of the Sun's orbit and the annual motion of the apogee.[252] However, the observatory's primary purpose was almost certainly astrological rather than astronomical, leading to its destruction in 1580 due to the rise of a clerical faction that opposed its use for that purpose.[253] He also experimented with steam power in Ottoman Egypt in 1551, when he described a steam jack driven by a rudimentary steam turbine.[254]

In 1660 the Ottoman scholar Ibrahim Efendi al-Zigetvari Tezkireci translated Noël Duret's French astronomical work (written in 1637) into Arabic.[255]

Şerafeddin Sabuncuoğlu was the author of the first surgical atlas and the last major medical encyclopaedia from the Islamic world. Though his work was largely based on Abu al-Qasim al-Zahrawi's Al-Tasrif, Sabuncuoğlu introduced many innovations of his own. Female surgeons were also illustrated for the first time.[256] Since, the Ottoman Empire is credited with the invention of several surgical instruments in use such as forceps, catheters, scalpels and lancets as well as pincers.[257]

An example of a watch that measured time in minutes was created by an Ottoman watchmaker, Meshur Sheyh Dede, in 1702.[258]

In the early 19th century, Egypt under Muhammad Ali began using steam engines for industrial manufacturing, with industries such as ironworks, textile manufacturing, paper mills and hulling mills moving towards steam power.[259] Economic historian Jean Batou argues that the necessary economic conditions existed in Egypt for the adoption of oil as a potential energy source for its steam engines later in the 19th century.[259]

In the 19th century, Ishak Efendi is credited with introducing the then current Western scientific ideas and developments to the Ottoman and wider Muslim world, as well as the invention of a suitable Turkish and Arabic scientific terminology, through his translations of Western works.

Sports

Members of Beşiktaş J.K. in 1903
Members of Galatasaray S.K. (football) in 1905

The main sports Ottomans were engaged in were Turkish wrestling, hunting, Turkish archery, horseback riding, equestrian javelin throw, arm wrestling, and swimming. European model sports clubs were formed with the spreading popularity of football matches in 19th century Constantinople. The leading clubs, according to timeline, were Beşiktaş Gymnastics Club (1903), Galatasaray Sports Club (1905), Fenerbahçe Sports Club (1907), MKE Ankaragücü (formerly Turan Sanatkaragücü) (1910) in Constantinople. Football clubs were formed in other provinces too, such as Karşıyaka Sports Club (1912), Altay Sports Club (1914) and Turkish Fatherland Football Club (later Ülküspor) (1914) of İzmir.

See also

Notes

  1. ^ In Ottoman Turkish, the city was known by various names, among which were Kostantiniyye (قسطنطينيه‎) (replacing the suffix -polis with the Arabic nisba), Dersaadet (در سعادت‎) and Istanbul (استانبول‎). Names other than Istanbul became obsolete in Turkish after the proclamation of the Republic of Turkey in 1923,[5] and after Turkey's transition to Latin script in 1928, the Turkish government in 1930 requested that foreign embassies and companies use Istanbul, and that name became widely accepted internationally.[6] Eldem Edhem, author of an entry on Istanbul in Encyclopedia of the Ottoman Empire, stated that the majority of the Turkish people circa 2010, including historians, believe using "Constantinople" to refer to the Ottoman-era city is "politically incorrect" despite any historical accuracy.[5]
  2. ^ The sultan from 1512 to 1520.
  3. ^ Mehmed VI, the last Sultan, was expelled from Constantinople on 17 November 1922.
  4. ^ The Treaty of Sèvres (10 August 1920) afforded a small existence to the Ottoman Empire. On 1 November 1922, the Grand National Assembly (GNAT) abolished the sultanate and declared that all the deeds of the Ottoman regime in Constantinople were null and void as of 16 March 1920, the date of the occupation of Constantinople under the terms of the Treaty of Sèvres. The international recognition of the GNAT and the Government of Ankara was achieved through the signing of the Treaty of Lausanne on 24 July 1923. The Grand National Assembly of Turkey promulgated the Republic on 29 October 1923, which ended the Ottoman Empire in history.
  5. ^ "Sublime Ottoman State" was not used in minority languages for Christians and Jews, nor in French,[17] the common Western language among the educated in the late Ottoman Empire.[10] Minority languages, which use the same name in French:[17]
    • Western Armenian: Օսմանյան տերութիւն (Osmanean Têrut´iwn, meaning "Ottoman Authority/Governance/Rule"), Օսմանյան պետութիւն (Osmanean Petut‘iwn, meaning "Ottoman State"), and Օսմանյան կայսրություն (Osmanean Kaysrut, meaning "Ottoman Empire")
    • Bulgarian: Османска империя (Otomanskata Imperiya), and Отоманска империя is an archaic version. Definite article forms: Османската империя and Османска империя were synonymous
    • Greek: Оθωμανική Επικράτεια (Othōmanikē Epikrateia) and Оθωμανική Αυτοκρατορία (Othōmanikē Avtokratoria)
    • Ladino: Imperio otomano
  6. ^ The Ottoman dynasty also held the title "caliph" from the Ottoman victory over the Mamluk Sultanate of Cairo in the Battle of Ridaniya in 1517 to the abolition of the Caliphate by the Turkish Republic in 1924.
  7. ^ The empire also temporarily gained authority over distant overseas lands through declarations of allegiance to the Ottoman Sultan and Caliph, such as the declaration by the Sultan of Aceh in 1565, or through temporary acquisitions of islands such as Lanzarote in the Atlantic Ocean in 1585, Turkish Navy Official Website: "Atlantik'te Türk Denizciliği"
  8. ^ A lock-hold on trade between western Europe and Asia is often cited as a primary motivation for Isabella I of Castile to fund Christopher Columbus's westward journey to find a sailing route to Asia and, more generally, for European seafaring nations to explore alternative trade routes (e.g., K.D. Madan, Life and travels of Vasco Da Gama (1998), 9; I. Stavans, Imagining Columbus: the literary voyage (2001), 5; W.B. Wheeler and S. Becker, Discovering the American Past. A Look at the Evidence: to 1877 (2006), 105). This traditional viewpoint has been attacked as unfounded in an influential article by A.H. Lybyer ("The Ottoman Turks and the Routes of Oriental Trade", English Historical Review, 120 (1915), 577–88), who sees the rise of Ottoman power and the beginnings of Portuguese and Spanish explorations as unrelated events. His view has not been universally accepted (cf. K.M. Setton, The Papacy and the Levant (1204–1571), Vol. 2: The Fifteenth Century (Memoirs of the American Philosophical Society, Vol. 127) (1978), 335).
  9. ^ Although his sons 'Ali and Faisal had already initiated operations at Medina starting on 5 June[148]

References

  1. ^ McDonald, Sean; Moore, Simon (20 October 2015). "Communicating Identity in the Ottoman Empire and Some Implications for Contemporary States". Atlantic Journal of Communication. 23 (5): 269–283. doi:10.1080/15456870.2015.1090439. ISSN 1545-6870. S2CID 146299650.
  2. ^ Stanford Shaw, History of the Ottoman Empire and Modern Turkey (Cambridge: University Press, 1976), vol. 1 p. 13
  3. ^ Raby 1989, p. 19–20.
  4. ^ a b "In 1363 the Ottoman capital moved from Bursa to Edirne, although Bursa retained its spiritual and economic importance." Ottoman Capital Bursa. Official website of Ministry of Culture and Tourism of the Republic of Turkey. Retrieved 26 June 2013.
  5. ^ a b Edhem, Eldem. "Istanbul." In: Ágoston, Gábor and Bruce Alan Masters. Encyclopedia of the Ottoman Empire. Infobase Publishing, 21 May 2010. ISBN 1-4381-1025-1, 9781438110257. Start and CITED: p. 286. "With the collapse of the Ottoman Empire and the establishment of the Republic of Turkey, all previous names were abandoned and Istanbul came to designate the entire city."
  6. ^ (Stanford and Ezel Shaw (27 May 1977): History of the Ottoman Empire and Modern Turkey. Cambridge: Cambridge University Press. Vol II, ISBN 0-521-29166-6, 9780521291668. p. 386; Robinson (1965), The First Turkish Republic, p. 298 and Society (4 March 2014). "Istanbul, not Constantinople". National Geographic Society. Retrieved 28 March 2019.)
  7. ^ Flynn, Thomas O. (7 August 2017). The Western Christian Presence in the Russias and Qājār Persia, c.1760–c.1870. BRILL. ISBN 978-90-04-31354-5.
  8. ^
    • Learning to Read in the Late Ottoman Empire and the Early Turkish Republic, B. Fortna, page 50;"Although in the late Ottoman period Persian was taught in the state schools...."
    • Persian Historiography and Geography, Bertold Spuler, page 68, "On the whole, the circumstance in Turkey took a similar course: in Anatolia, the Persian language had played a significant role as the carrier of civilization.[..]..where it was at time, to some extent, the language of diplomacy...However Persian maintained its position also during the early Ottoman period in the composition of histories and even Sultan Salim I, a bitter enemy of Iran and the Shi'ites, wrote poetry in Persian. Besides some poetical adaptations, the most important historiographical works are: Idris Bidlisi's flowery "Hasht Bihist", or Seven Paradises, begun in 1502 by the request of Sultan Bayazid II and covering the first eight Ottoman rulers.."
    • Picturing History at the Ottoman Court, Emine Fetvacı, page 31, "Persian literature, and belles-lettres in particular, were part of the curriculum: a Persian dictionary, a manual on prose composition; and Sa'dis "Gulistan", one of the classics of Persian poetry, were borrowed. All these title would be appropriate in the religious and cultural education of the newly converted young men.
    • Persian Historiography: History of Persian Literature A, Volume 10, edited by Ehsan Yarshater, Charles Melville, page 437;"...Persian held a privileged place in Ottoman letters. Persian historical literature was first patronized during the reign of Mehmed II and continued unabated until the end of the 16th century.
  9. ^ Ayşe Gül Sertkaya (2002). "Şeyhzade Abdurrezak Bahşı". In György Hazai (ed.). Archivum Ottomanicum. 20. pp. 114–115. As a result, we can claim that Şeyhzade Abdürrezak Bahşı was a scribe lived in the palaces of Sultan Mehmed the Conqueror and his son Bayezid-i Veli in the 15th century, wrote letters (bitig) and firmans (yarlığ) sent to Eastern Turks by Mehmed II and Bayezid II in both Uighur and Arabic scripts and in East Turkestan (Chagatai) language.
  10. ^ a b c Strauss, Johann (2010). "A Constitution for a Multilingual Empire: Translations of the Kanun-ı Esasi and Other Official Texts into Minority Languages". In Herzog, Christoph; Malek Sharif (eds.). The First Ottoman Experiment in Democracy. Wurzburg: Orient-Institut Istanbul. pp. 21–51. (info page on book at Martin Luther University) // CITED: p. 26 (PDF p. 28): "French had become a sort of semi-official language in the Ottoman Empire in the wake of the Tanzimat reforms.[...]It is true that French was not an ethnic language of the Ottoman Empire. But it was the only Western language which would become increasingly widespread among educated persons in all linguistic communities."
  11. ^ Finkel, Caroline (2005). Osman's Dream: The Story of the Ottoman Empire, 1300–1923. New York: Basic Books. pp. 110–1. ISBN 978-0-465-02396-7.
  12. ^ a b c Lambton, Ann; Lewis, Bernard (1995). The Cambridge History of Islam: The Indian sub-continent, South-East Asia, Africa and the Muslim west. 2. Cambridge University Press. p. 320. ISBN 978-0-521-22310-2.
  13. ^ a b c Rein Taagepera (September 1997). "Expansion and Contraction Patterns of Large Polities: Context for Russia". International Studies Quarterly. 41 (3): 498. doi:10.1111/0020-8833.00053. JSTOR 2600793.
  14. ^ Turchin, Peter; Adams, Jonathan M.; Hall, Thomas D (December 2006). "East-West Orientation of Historical Empires". Journal of World-Systems Research. 12 (2): 223. ISSN 1076-156X. Retrieved 12 September 2016.
  15. ^ Dimitrov, Nikola; Markoski, Blagoja; Radevski, Ivan (2017). "Bitola–from Eyalet capital to regional centre in the Republic of Macedonia". Urban Development Issues. 55 (3): 67. doi:10.2478/udi-2018-0006. ISSN 2544-6258. S2CID 134681055. Retrieved 31 October 2020.
  16. ^ Erickson, Edward J. (2003). Defeat in Detail: The Ottoman Army in the Balkans, 1912–1913. Greenwood Publishing Group. p. 59. ISBN 978-0-275-97888-4.
  17. ^ a b c Strauss, Johann (2010). "A Constitution for a Multilingual Empire: Translations of the Kanun-ı Esasi and Other Official Texts into Minority Languages". In Herzog, Christoph; Malek Sharif (eds.). The First Ottoman Experiment in Democracy. Wurzburg: Orient-Institut Istanbul. pp. 21–51. (info page on book at Martin Luther University) // CITED: p. 36 (PDF p. 38/338).
  18. ^ A ́goston, Ga ́bor; Masters, Bruce Alan (2008). Encyclopedia of the Ottoman Empire. Infobase Publishing, NY. p. 444. ISBN 978-0-8160-6259-1. "Osman was simply one among a number Turkoman tribal leaders operating in the Sakarya region."
  19. ^ "Osman I". Encyclopedia Britannica. Osman I, also called Osman Gazi, (born c. 1258—died 1324 or 1326), ruler of a Turkmen principality in northwestern Anatolia who is regarded as the founder of the Ottoman Turkish state.
  20. ^ Finkel, Caroline (13 February 2006). Osman's Dream: The Story of the Ottoman Empire, 1300–1923. Basic Books. pp. 2, 7. ISBN 978-0-465-02396-7.
  21. ^ Quataert, Donald (2005). The Ottoman Empire, 1700–1922 (2 ed.). Cambridge University Press. p. 4. ISBN 978-0-521-83910-5.
  22. ^ "Ottoman Empire". Oxford Islamic Studies Online. 6 May 2008. Retrieved 26 August 2010.
  23. ^ a b c Hathaway, Jane (2008). The Arab Lands under Ottoman Rule, 1516–1800. Pearson Education Ltd. p. 8. ISBN 978-0-582-41899-8. historians of the Ottoman Empire have rejected the narrative of decline in favor of one of crisis and adaptation
    • Tezcan, Baki (2010). The Second Ottoman Empire: Political and Social Transformation in the Early Modern Period. Cambridge University Press. p. 9. ISBN 978-1-107-41144-9. Ottomanist historians have produced several works in the last decades, revising the traditional understanding of this period from various angles, some of which were not even considered as topics of historical inquiry in the mid-twentieth century. Thanks to these works, the conventional narrative of Ottoman history – that in the late sixteenth century the Ottoman Empire entered a prolonged period of decline marked by steadily increasing military decay and institutional corruption – has been discarded.
    • Woodhead, Christine (2011). "Introduction". In Christine Woodhead (ed.). The Ottoman World. p. 5. ISBN 978-0-415-44492-7. Ottomanist historians have largely jettisoned the notion of a post-1600 'decline'
  24. ^ Ágoston, Gábor (2009). "Introduction". In Ágoston, Gábor; Bruce Masters (eds.). Encyclopedia of the Ottoman Empire. p. xxxii.
    • Faroqhi, Suraiya (1994). "Crisis and Change, 1590–1699". In İnalcık, Halil; Donald Quataert (eds.). An Economic and Social History of the Ottoman Empire, 1300–1914. 2. Cambridge University Press. p. 553. ISBN 978-0-521-57456-3. In the past fifty years, scholars have frequently tended to view this decreasing participation of the sultan in political life as evidence for "Ottoman decadence", which supposedly began at some time during the second half of the sixteenth century. But recently, more note has been taken of the fact that the Ottoman Empire was still a formidable military and political power throughout the seventeenth century, and that noticeable though limited economic recovery followed the crisis of the years around 1600; after the crisis of the 1683–99 war, there followed a longer and more decisive economic upswing. Major evidence of decline was not visible before the second half of the eighteenth century.
  25. ^ a b Aksan, Virginia (2007). Ottoman Wars, 1700–1860: An Empire Besieged. Pearson Education Ltd. pp. 130–35. ISBN 978-0-582-30807-7.
  26. ^ Quataert, Donald (1994). "The Age of Reforms, 1812–1914". In İnalcık, Halil; Donald Quataert (eds.). An Economic and Social History of the Ottoman Empire, 1300–1914. 2. Cambridge University Press. p. 762. ISBN 978-0-521-57456-3.
  27. ^ Findley, Carter Vaughn (2010). Turkey, Islam, Nationalism and Modernity: A History, 1789–2007. New Haven: Yale University Press. p. 200. ISBN 978-0-300-15260-9.
  28. ^
     • Quataert, Donald (2005). The Ottoman Empire, 1700–1922. Cambridge University Press (Kindle edition). p. 186.
     • Schaller, Dominik J; Zimmerer, Jürgen (2008). "Late Ottoman genocides: the dissolution of the Ottoman Empire and Young Turkish population and extermination policies – introduction". Journal of Genocide Research. 10 (1): 7–14. doi:10.1080/14623520801950820. S2CID 71515470.
  29. ^ Howard, Douglas A. (2016). A History of the Ottoman Empire. Cambridge University Press. p. 318. ISBN 978-1-108-10747-1.
  30. ^ "Ottoman banknote with Arabic script". Retrieved 26 August 2010.
  31. ^ Ágoston, Gábor (2009). "Introduction". In Ágoston, Gábor; Bruce Masters (eds.). Encyclopedia of the Ottoman Empire. p. xxvi.
    • Imber, Colin (2009). The Ottoman Empire, 1300–1650: The Structure of Power (2 ed.). New York: Palgrave Macmillan. p. 3. By the seventeenth century, literate circles in Istanbul would not call themselves Turks, and often, in phrases such as 'senseless Turks', used the word as a term of abuse.
  32. ^ Kafadar, Cemal (2007). "A Rome of One's Own: Cultural Geography and Identity in the Lands of Rum". Muqarnas. 24: 11.
  33. ^ Greene, Molly (2015). The Edinburgh History of the Greeks, 1453 to 1768. p. 51.
  34. ^ Soucek, Svat (2015). Ottoman Maritime Wars, 1416–1700. Istanbul: The Isis Press. p. 8. ISBN 978-975-428-554-3. The scholarly community specializing in Ottoman studies has of late virtually banned the use of "Turkey", "Turks", and "Turkish" from acceptable vocabulary, declaring "Ottoman" and its expanded use mandatory and permitting its "Turkish" rival only in linguistic and philological contexts.
  35. ^ Kermeli, Eugenia (2009). "Osman I". In Ágoston, Gábor; Bruce Masters (eds.). Encyclopedia of the Ottoman Empire. p. 444.
  36. ^ Lowry, Heath (2003). The Nature of the Early Ottoman State. SUNY Press. p. 59.
    • Kafadar, Cemal (1995). Between Two Worlds: The Construction of the Ottoman State. p. 127.
  37. ^ Finkel, Caroline (2005). Osman's Dream: The History of the Ottoman Empire. Basic Books. pp. 5, 10. ISBN 978-0-465-00850-6.
    • Lindner, Rudi Paul (2009). "Anatolia, 1300–1451". In Kate Fleet (ed.). The Cambridge History of Turkey. 1, Byzantium to Turkey, 1071–1453. Cambridge: Cambridge University Press. p. 104.
  38. ^ Robert Elsie (2004). Historical Dictionary of Kosova. Scarecrow Press. pp. 95–96. ISBN 978-0-8108-5309-6.
  39. ^ David Nicolle (1999). Nicopolis 1396: The Last Crusade. Osprey Publishing. ISBN 978-1-85532-918-8.
  40. ^ Gábor Ágoston; Bruce Alan Masters (2009). Encyclopedia of the Ottoman Empire. Infobase Publishing. p. 363. ISBN 978-1-4381-1025-7.
  41. ^ Mesut Uyar; Edward J. Erickson (2009). A Military History of the Ottomans: From Osman to Atatürk. ABC-CLIO. p. 29. ISBN 978-0-275-98876-0.
  42. ^ Lokman (1588). "Battle of Mohács (1526)". Archived from the original on 29 May 2013.
  43. ^ a b Stone, Norman (2005). "Turkey in the Russian Mirror". In Mark Erickson, Ljubica Erickson (ed.). Russia War, Peace And Diplomacy: Essays in Honour of John Erickson. Weidenfeld & Nicolson. p. 94. ISBN 978-0-297-84913-1.
  44. ^ Hodgkinson 2005, p. 240
  45. ^ Karpat, Kemal H. (1974). The Ottoman state and its place in world history. Leiden: Brill. p. 111. ISBN 978-90-04-03945-2.
  46. ^ Alan Mikhail, God's Shadow: Sultan Selim, His Ottoman Empire, and the Making of the Modern World (2020) excerpt
  47. ^ Savory, R. M. (1960). "The Principal Offices of the Ṣafawid State during the Reign of Ismā'īl I (907–30/1501–24)". Bulletin of the School of Oriental and African Studies, University of London. 23 (1): 91–105. doi:10.1017/S0041977X00149006. JSTOR 609888.
  48. ^ Hess, Andrew C. (January 1973). "The Ottoman Conquest of Egypt (1517) and the Beginning of the Sixteenth-Century World War". International Journal of Middle East Studies. 4 (1): 55–76. doi:10.1017/S0020743800027276. JSTOR 162225.
  49. ^ "Origins of the Magyars". Hungary. Britannica Online Encyclopedia. Retrieved 26 August 2010.
  50. ^ "Encyclopædia Britannica". Britannica Online Encyclopedia. Archived from the original on 25 December 2012. Retrieved 26 August 2010.
  51. ^ Imber, Colin (2002). The Ottoman Empire, 1300–1650: The Structure of Power. Palgrave Macmillan. p. 50. ISBN 978-0-333-61386-3.
  52. ^ Thompson, Bard (1996). Humanists and Reformers: A History of the Renaissance and Reformation. Wm. B. Eerdmans Publishing. p. 442. ISBN 978-0-8028-6348-5.
  53. ^ a b Ágoston and Alan Masters, Gábor and Bruce (2009). Encyclopedia of the Ottoman Empire. Infobase Publishing. p. 583. ISBN 978-1-4381-1025-7.
  54. ^ The Reign of Suleiman the Magnificent, 1520–1566, V.J. Parry, A History of the Ottoman Empire to 1730, ed. M.A. Cook (Cambridge University Press, 1976), 94.
  55. ^ A Global Chronology of Conflict: From the Ancient World to the Modern Middle East, Vol. II, ed. Spencer C. Tucker, (ABC-CLIO, 2010). 516.
  56. ^ Revival: A History of the Art of War in the Sixteenth Century (1937). Routledge. 2018.
  57. ^ Imber, Colin (2002). The Ottoman Empire, 1300–1650: The Structure of Power. Palgrave Macmillan. p. 53. ISBN 978-0-333-61386-3.
  58. ^ Ágoston, Gábor (2009). "Süleyman I". In Ágoston, Gábor; Bruce Masters (eds.). Encyclopedia of the Ottoman Empire. p. 545.
  59. ^ Mansel, Philip (1997). Constantinople : city of the world's desire 1453–1924. London: Penguin Books. p. 61. ISBN 978-0-14-026246-9.
  60. ^ Crowley, Roger Empires of the Sea: The siege of Malta, the battle of Lepanto and the contest for the center of the world, Random House, 2008
  61. ^ "The Ottoman 'Discovery' of the Indian Ocean in the Sixteenth Century: The Age of Exploration from an Islamic Perspective". historycooperative.org. Archived from the original on 29 July 2019. Retrieved 11 September 2019.
  62. ^ Charles A. Truxillo (2012), Jain Publishing Company, "Crusaders in the Far East: The Moro Wars in the Philippines in the Context of the Ibero-Islamic World War".
  63. ^ Palabiyik, Hamit, Turkish Public Administration: From Tradition to the Modern Age, (Ankara, 2008), 84.
  64. ^ Ismail Hakki Goksoy. Ottoman-Aceh Relations According to the Turkish Sources (PDF). Archived from the original (PDF) on 19 January 2008. Retrieved 16 December 2018.
  65. ^ Deringil, Selim (September 2007). "The Turks and 'Europe': The Argument from History". Middle Eastern Studies. 43 (5): 709–23. doi:10.1080/00263200701422600. S2CID 144606323.
  66. ^ Faroqhi, Suraiya (1994). "Crisis and Change, 1590–1699". In İnalcık, Halil; Donald Quataert (eds.). An Economic and Social History of the Ottoman Empire, 1300–1914. 2. Cambridge University Press. pp. 413–14. ISBN 978-0-521-57456-3.
  67. ^ Şahin, Kaya (2013). Empire and Power in the reign of Süleyman: Narrating the Sixteenth-Century Ottoman World. Cambridge University Press. p. 10. ISBN 978-1-107-03442-6.
  68. ^ Faroqhi, Suraiya (1994). "Crisis and Change, 1590–1699". In İnalcık, Halil; Donald Quataert (eds.). An Economic and Social History of the Ottoman Empire, 1300–1914. 2. Cambridge University Press. pp. 507–08. ISBN 978-0-521-57456-3.
  69. ^ Davies, Brian L. (2007). Warfare, State and Society on the Black Sea Steppe: 1500–1700. Routledge. p. 16. ISBN 978-0-415-23986-8.
  70. ^ Orest Subtelny (2000). Ukraine. University of Toronto Press. p. 106. ISBN 978-0-8020-8390-6. Retrieved 11 February 2013.
  71. ^ Matsuki, Eizo. "The Crimean Tatars and their Russian-Captive Slaves" (PDF). Mediterranean Studies Group at Hitotsubashi University. Archived from the original (PDF) on 15 January 2013. Retrieved 11 February 2013.
  72. ^ Christian-Muslim Relations. A Bibliographical History. Volume 10 Ottoman and Safavid Empires (1600–1700). BRILL. p. 67.
  73. ^ Tucker, Spencer C. (2019). Middle East Conflicts from Ancient Egypt to the 21st Century: An Encyclopedia and Document Collection [4 volumes]. p. 328.
  74. ^ Hanlon, Gregory. The Twilight Of A Military Tradition: Italian Aristocrats And European Conflicts, 1560–1800. Routledge. p. 24.
  75. ^ Kinross 1979, p. 272.
  76. ^ Fernand Braudel, The Mediterranean and the Mediterranean World in the Age of Philip II, vol. II ( University of California Press: Berkeley, 1995).
  77. ^ Kunt, Metin; Woodhead, Christine (1995). Süleyman the Magnificent and His Age: the Ottoman Empire in the Early Modern World. Longman. p. 53. ISBN 978-0-582-03827-1.
  78. ^ Itzkowitz 1980, p. 67.
  79. ^ Itzkowitz 1980, p. 71.
  80. ^ Itzkowitz 1980, pp. 90–92.
  81. ^ Halil İnalcık (1997). An Economic And Social History of the Ottoman Empire, Vol. 1 1300–1600. Cambridge University Press. p. 24. ISBN 978-0-521-57456-3.
  82. ^ a b Kinross 1979, p. 281.
  83. ^ Ga ́bor A ́goston, Bruce Alan Masters Encyclopedia of the Ottoman Empire pp. 23 Infobase Publishing, 1 January 2009 ISBN 1-4381-1025-1
  84. ^ Paoletti, Ciro (2008). A Military History of Italy. p. 33.
  85. ^ Itzkowitz 1980, p. 73.
  86. ^ Herzig, Edmund; Kurkchiyan, Marina (10 November 2004). Armenians: Past and Present in the Making of National Identity. ISBN 978-1-135-79837-6. Retrieved 30 December 2014.
  87. ^ Rubenstein, Richard L. (2000). Genocide and the Modern Age: Etiology and Case Studies of Mass Death. ISBN 978-0-8156-2828-6. Retrieved 30 December 2014.
  88. ^ Itzkowitz 1980, pp. 74–75.
  89. ^ Itzkowitz 1980, pp. 80–81.
  90. ^ Kinross 1979, p. 357.
  91. ^ Itzkowitz 1980, p. 84.
  92. ^ Itzkowitz 1980, pp. 83–84.
  93. ^ a b Kinross 1979, p. 371.
  94. ^ Kinross 1979, p. 372.
  95. ^ Kinross 1979, p. 376.
  96. ^ Kinross 1979, p. 392.
  97. ^ "History". Istanbul Technical University. Archived from the original on 18 June 2012. Retrieved 6 November 2011.
  98. ^ a b c Stone, Norman (2005). "Turkey in the Russian Mirror". In Mark Erickson, Ljubica Erickson (ed.). Russia War, Peace And Diplomacy: Essays in Honour of John Erickson. Weidenfeld & Nicolson. p. 97. ISBN 978-0-297-84913-1.
  99. ^ a b "Presentation of Katip Çelebi, Kitâb-i Cihân-nümâ li-Kâtib Çelebi". Utrecht University Library. 5 May 2009. Archived from the original on 12 February 2013. Retrieved 11 February 2013.
  100. ^ Watson, William J. (1968). "Ibrahim Muteferrika and Turkish Incunabula". Journal of the American Oriental Society. 88 (3): 435–441. doi:10.2307/596868. JSTOR 596868.
  101. ^ Middle East and Africa: International Dictionary of Historic Places. Routledge. 2014. p. 559.
  102. ^ Kinross 1979, p. 405.
  103. ^ "Liberation, Independence And Union of Serbia And Montenegro". Serb Land of Montenegro. Retrieved 26 August 2010.
  104. ^ Berend, Tibor Iván (2003). History Derailed: Central and Eastern Europe in the Long 19th Century. University of California Press. p. 127. ISBN 978-0-520-93209-8.
  105. ^ Jalata, Asafa (2016). Phases of Terrorism in the Age of Globalization: From Christopher Columbus to Osama bin Laden. Palgrave Macmillan US. pp. 92–3. ISBN 978-1-137-55234-1. Within the first three decades, the French military massacred between half a million to one million from approximately three million Algerian people.
  106. ^ Kiernan, Ben (2007). Blood and Soil: A World History of Genocide and Extermination from Sparta to Darfur. Yale University Press. pp. 364–ff. ISBN 978-0-300-10098-3. In Algeria, colonization and genocidal massacres proceeded in tandem. From 1830 to 1847, its European settler population quadrupled to 104,000. Of the native Algerian population of approximately 3 million in 1830, about 500,000 to 1 million perished in the first three decades of French conquest.
  107. ^ Bennoune, Mahfoud (22 August 2002). The Making of Contemporary Algeria, 1830–1987. ISBN 978-0-521-52432-2.
  108. ^ Karsh, Effraim Islamic Imperialism A History, New Haven: Yale University Press, 2006 p. 95.
  109. ^ a b c d e Karsh, Effraim Islamic Imperialism A History, New Haven: Yale University Press, 2006 p. 96.
  110. ^ Karsh, Effraim Islamic Imperialism A History, New Haven: Yale University Press, 2006 pp. 95–96.
  111. ^ Ishtiaq, Hussain. "The Tanzimat: Secular reforms in the Ottoman Empire" (PDF). Faith Matters.
  112. ^ Yakup Bektas, "The sultan's messenger: Cultural constructions of ottoman telegraphy, 1847–1880." Technology and Culture 41.4 (2000): 669–696.
  113. ^ a b c d e f Stone, Norman (2005). "Turkey in the Russian Mirror". In Mark Erickson, Ljubica Erickson (ed.). Russia War, Peace And Diplomacy: Essays in Honour of John Erickson. Weidenfeld & Nicolson. p. 95. ISBN 978-0-297-84913-1.
  114. ^ "Sursock House". Retrieved 29 May 2018.
  115. ^ Rogan, Eugene (2011). The Arabs: A History. Penguin. p. 93.
  116. ^ Repin, Volume 1; Igor Emanuilovich Grabar'; 1948; p.391 (in Russian)
  117. ^ Bulgaria today: Volume 15, Issue 4; 1966; p.35
  118. ^ Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Bashi-Bazouk" . Encyclopædia Britannica. 3 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 465.
  119. ^ V. Necla Geyikdagi (2011). Foreign Investment in the Ottoman Empire: International Trade and Relations 1854–1914. I.B.Tauris. p. 32. ISBN 978-1-84885-461-1.
  120. ^ Douglas Arthur Howard (2001). The History of Turkey. Greenwood Publishing Group. p. 71. ISBN 978-0-313-30708-9. Retrieved 11 February 2013.
  121. ^ Williams, Bryan Glynn (2000). "Hijra and forced migration from nineteenth-century Russia to the Ottoman Empire". Cahiers du Monde Russe. 41 (1): 79–108. doi:10.4000/monderusse.39.
  122. ^ Memoirs of Miliutin, "the plan of action decided upon for 1860 was to cleanse [ochistit'] the mountain zone of its indigenous population", per Richmond, W. The Northwest Caucasus: Past, Present, and Future. Routledge. 2008.
  123. ^ Richmond, Walter (2008). The Northwest Caucasus: Past, Present, Future. Taylor & Francis US. p. 79. ISBN 978-0-415-77615-8. the plan of action decided upon for 1860 was to cleanse [ochistit'] the mountain zone of its indigenous population
  124. ^ Amjad M. Jaimoukha (2001). The Circassians: A Handbook. Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-312-23994-7.
  125. ^ Charlotte Mathilde Louise Hille (2010). State building and conflict resolution in the Caucasus. BRILL. p. 50. ISBN 978-90-04-17901-1.
  126. ^ Daniel Chirot; Clark McCauley (2010). Why Not Kill Them All?: The Logic and Prevention of Mass Political Murder (New in Paper). Princeton University Press. p. 23. ISBN 978-1-4008-3485-3.
  127. ^ Stone, Norman "Turkey in the Russian Mirror" pp. 86–100 from Russia War, Peace and Diplomacy edited by Mark & Ljubica Erickson, Weidenfeld & Nicolson: London, 2004 p. 95.
  128. ^ Baten, Jörg (2016). A History of the Global Economy. From 1500 to the Present. Cambridge University Press. p. 50. ISBN 978-1-107-50718-0.
  129. ^ Rogan, Eugene (2011). The Arabs: A History. Penguin. p. 105.
  130. ^ a b Rogan, Eugene (2011). The Arabs: A History. Penguin. p. 106.
  131. ^ Jelavich, Charles; Jelavich, Barbara (1986). The Establishment of the Balkan National States, 1804–1920. p. 139. ISBN 978-0-295-80360-9.
  132. ^ Taylor, A.J.P. (1955). The Struggle for Mastery in Europe, 1848–1918. Oxford: Oxford University Press. pp. 228–54. ISBN 978-0-19-822101-2.
  133. ^ Akmeșe, Handan Nezir The Birth of Modern Turkey The Ottoman Military and the March to World I, London: I.B Tauris page 24
  134. ^ Akçam, Taner (2006). A Shameful Act: The Armenian Genocide and the Question of Turkish Responsibility. New York: Metropolitan Books. p. 42. ISBN 978-0-8050-7932-6.
  135. ^ Shaw, History of the Ottoman Empire 2:236.
  136. ^ Kemal H Karpat (2004). Studies on Turkish politics and society: selected articles and essays. Brill. ISBN 978-90-04-13322-8.
  137. ^ "Greek and Turkish refugees and deportees 1912–1924" (PDF). NL: Universiteit Leiden: 1. Archived from the original (PDF) on 16 July 2007. Cite journal requires |journal= (help)
  138. ^ Justin McCarthy (1995). Death and exile: the ethnic cleansing of Ottoman Muslims, 1821–1922. Darwin Press. ISBN 978-0-87850-094-9.
  139. ^ Carmichael, Cathie (2012). Ethnic Cleansing in the Balkans: Nationalism and the Destruction of Tradition. Routledge. p. 21. ISBN 978-1-134-47953-5. During the period from 1821 to 1922 alone, Justin McCarthy estimates that the ethnic cleansing of Ottoman Muslims led to the death of several million individuals and the expulsion of a similar number.
  140. ^ Buturovic, Amila (2010). Islam in the Balkans: Oxford Bibliographies Online Research Guide. Oxford University Press. p. 9. ISBN 978-0-19-980381-1.
  141. ^ Reynolds 2011, p. 1
  142. ^ (Erickson 2013, p. 32)
  143. ^ Bijak, Jakub; Lubman, Sarah (2016). "The Disputed Numbers: In Search of the Demographic Basis for Studies of Armenian Population Losses, 1915–1923". The Armenian Genocide Legacy. Palgrave Macmillan UK. p. 39. ISBN 978-1-137-56163-3.
  144. ^ Peter Balakian (2009). The Burning Tigris. HarperCollins. p. xvii. ISBN 978-0-06-186017-1.
  145. ^ Walker, Christopher J. (1980), Armenia: The Survival of A Nation, London: Croom Helm, pp. 200–03
  146. ^ Bryce, Viscount James; Toynbee, Arnold (2000), Sarafian, Ara (ed.), The Treatment of Armenians in the Ottoman Empire, 1915–1916: Documents Presented to Viscount Grey of Falloden (uncensored ed.), Princeton: Gomidas Institute, pp. 635–49, ISBN 978-0-9535191-5-6
  147. ^ Schaller, Dominik J; Zimmerer, Jürgen (2008). "Late Ottoman genocides: the dissolution of the Ottoman Empire and Young Turkish population and extermination policies – introduction" (PDF). Journal of Genocide Research. 10 (1): 7–14. doi:10.1080/14623520801950820. S2CID 71515470. Archived from the original (PDF) on 3 November 2013. The genocidal quality of the murderous campaigns against Greeks and Assyrians is obvious
  148. ^ Eliezer Tauber, The Arab Movements in World War I, Routledge, 2014 ISBN 978-1-135-19978-4 p =80-81
  149. ^ Hakan Özoğlu (2011). From Caliphate to Secular State: Power Struggle in the Early Turkish Republic. ABC-CLIO. p. 8. ISBN 978-0-313-37957-4.
  150. ^ Norman Stone, "Turkey in the Russian Mirror" pp. 86–100 from Russia War, Peace and Diplomacy edited by Mark & Ljubica Erickson, Weidenfeld & Nicolson: London, 2004 pp. 92–93
  151. ^ Sinan Ed Kuneralp, ed. A Bridge Between Cultures (2006) p. 9.
  152. ^ a b Stone, pp. 86–100
  153. ^ Ronald C. Jennings, "Some thoughts on the gazi-thesis." Wiener Zeitschrift für die Kunde des Morgenlandes 76 (1986): 151–161 online.
  154. ^ Heath W. Lowry, The nature of the early Ottoman state (SUNY Press, 2003).
  155. ^ Dariusz Kołodziejczyk, "Khan, caliph, tsar and imperator: the multiple identities of the Ottoman sultan" in Peter Fibiger Bang, and Dariusz Kolodziejczyk, eds. Universal Empire: A Comparative Approach to Imperial Culture and Representation in Eurasian History (Cambridge UP, 2012) pp. 175–93.
  156. ^ Stone, pp. 94–95.
  157. ^ Yılmaz, Hüseyin (8 January 2018). Caliphate Redefined: The Mystical Turn in Ottoman Political Thought. Princeton University Press. ISBN 978-1-4008-8804-7.
  158. ^ "The Uthmani State – Shaykh Nasir al-Fahd – E M A A N L I B R A R Y . C O M ............ ا لسلف ا لصا لح". E M A A N L I B R A R Y . C O M ............ ا لسلف ا لصا لح. Retrieved 7 April 2020.
  159. ^ Itzkowitz 1980, p. 38.
  160. ^ a b Naim Kapucu; Hamit Palabiyik (2008). Turkish Public Administration: From Tradition to the Modern Age. USAK Books. p. 77. ISBN 978-605-4030-01-9. Retrieved 11 February 2013.
  161. ^ Black, Antony (2001). The History of Islamic Political Thought: From the Prophet to the Present. Psychology Press. p. 199. ISBN 978-0-415-93243-1.
  162. ^ Lewis, Bernard (1963). Istanbul and the Civilization of the Ottoman Empire. University of Oklahoma Press. p. 151. ISBN 978-0-8061-1060-8. Retrieved 11 February 2013.
  163. ^ "The Ottoman Palace School Enderun and the Man with Multiple Talents, Matrakçı Nasuh". Journal of the Korea Society of Mathematical Education, Series D. Research in Mathematical Education. 14 (1): 19–31. March 2010.
  164. ^ Karpat, Kemal H. (1973). Social Change and Politics in Turkey: A Structural-Historical Analysis. Brill. p. 204. ISBN 978-90-04-03817-2.
  165. ^ a b c Black, Antony (2001). The History of Islamic Political Thought: From the Prophet to the Present. Psychology Press. p. 197. ISBN 978-0-415-93243-1.
  166. ^ Naim Kapucu; Hamit Palabiyik (2008). Turkish Public Administration: From Tradition to the Modern Age. USAK Books. p. 78. ISBN 978-605-4030-01-9. Retrieved 12 February 2013.
  167. ^ "Balancing Sharia: The Ottoman Kanun". BBC. Retrieved 5 October 2013.
  168. ^ a b c d e Benton, Lauren (3 December 2001). Law and Colonial Cultures: Legal Regimes in World History, 1400–1900. Cambridge University Press. pp. 109–10. ISBN 978-0-521-00926-3. Retrieved 11 February 2013.
  169. ^ Selçuk Akşin Somel. "Review of "Ottoman Nizamiye Courts. Law and Modernity"" (PDF). Sabancı Üniversitesi. p. 2.
  170. ^ a b c d Epstein, Lee; O'Connor, Karen; Grub, Diana. "Middle East" (PDF). Legal Traditions and Systems: an International Handbook. Greenwood Press. pp. 223–24. Archived from the original (PDF) on 25 May 2013.
  171. ^ Milner, Mordaunt (1990). The Godolphin Arabian: The Story of the Matchem Line. Robert Hale Limited. pp. 3–6. ISBN 978-0-85131-476-1.
  172. ^ Wall, John F. Famous Running Horses: Their Forebears and Descendants. p. 8. ISBN 978-1-163-19167-5.
  173. ^ Murphey, Rhoads (1999). Ottoman Warfare, 1500–1700. UCL Press. p. 10.
    • Ágoston, Gábor (2005). Guns for the Sultan: Military Power and the Weapons Industry in the Ottoman Empire. Cambridge University Press. pp. 200–02.
  174. ^ "Petition created for submarine name". Ellesmere Port Standard. Archived from the original on 23 April 2008. Retrieved 11 February 2013.
  175. ^ "Story of Turkish Aviation". Turkey in the First World War. Archived from the original on 12 May 2012. Retrieved 6 November 2011.
  176. ^ "Founding". Turkish Air Force. Archived from the original on 7 October 2011. Retrieved 6 November 2011.
  177. ^ Imber, Colin (2002). "The Ottoman Empire, 1300–1650: The Structure of Power" (PDF). pp. 177–200. Archived from the original (PDF) on 26 July 2014.
  178. ^ Raymond Detrez; Barbara Segaert (2008). Europe and the historical legacies in the Balkans. Peter Lang. p. 167. ISBN 978-90-5201-374-9.
  179. ^ Naim Kapucu; Hamit Palabiyik (2008). Turkish Public Administration: From Tradition to the Modern Age. USAK Books. p. 164. ISBN 978-605-4030-01-9. Retrieved 1 June 2013.
  180. ^ Maḥmūd Yazbak (1998). Haifa in the Late Ottoman Period 1864–1914: A Muslim Town in Transition. BRILL. p. 28. ISBN 978-90-04-11051-9.
  181. ^ Mundy, Martha; Smith, Richard Saumarez (2007). Governing Property, Making the Modern State: Law, Administration and Production in Ottoman Syria. I.B.Tauris. p. 50. ISBN 978-1-84511-291-2.
  182. ^ İnalcık, Halil (1970). "The Ottoman Economic Mind and Aspects of the Ottoman Economy". In Cook, M. A. (ed.). Studies in the Economic History of the Middle East: from the Rise of Islam to the Present Day. Oxford University Press. p. 209. ISBN 978-0-19-713561-7.
  183. ^ İnalcık, Halil (1970). "The Ottoman Economic Mind and Aspects of the Ottoman Economy". In Cook, M. A. (ed.). Studies in the Economic History of the Middle East: from the Rise of Islam to the Present Day. Oxford University Press. p. 217. ISBN 978-0-19-713561-7.
  184. ^ Darling, Linda (1996). Revenue-Raising and Legitimacy: Tax Collection and Finance Administration in the Ottoman Empire, 1560–1660. E.J. Brill. pp. 238–39. ISBN 978-90-04-10289-7.
  185. ^ İnalcık, Halil; Quataert, Donald (1971). An Economic and Social History of the Ottoman Empire, 1300–1914. p. 120.
  186. ^ Donald Quataert, The Ottoman Empire 1700–1922 (2005) p 24
  187. ^ İnalcık, Halil (1970). "The Ottoman Economic Mind and Aspects of the Ottoman Economy". In Cook, M. A. (ed.). Studies in the Economic History of the Middle East: from the Rise of Islam to the Present Day. Oxford University Press. p. 218. ISBN 978-0-19-713561-7.
  188. ^ Paul Bairoch (1995). Economics and World History: Myths and Paradoxes. University of Chicago Press. pp. 31–32.
  189. ^ a b c Kabadayı, M. Erdem (28 October 2011). "Inventory for the Ottoman Empire / Turkish Republic" (PDF). Istanbul Bilgi University. Archived from the original (PDF) on 28 October 2011.
  190. ^ Leila Erder and Suraiya Faroqhi (October 1979). "Population Rise and Fall in Anatolia 1550–1620". Middle Eastern Studies. 15 (3): 322–45. doi:10.1080/00263207908700415.
  191. ^ Shaw, S. J. (1978). The Ottoman Census System and Population, 1831–1914. International Journal of Middle East Studies. Cambridge University Press. p. 325. The Ottomans developed an efficient system for counting the empire's population in 1826, a quarter of a century after such methods were introduced in Britain, France and America.
  192. ^ Quataert 2000, pp. 110–11.
  193. ^ Quataert 2000, p. 112.
  194. ^ Quataert 2000, p. 113.
  195. ^ a b Quataert 2000, p. 114.
  196. ^ Pamuk, S (August 1991). "The Ottoman Empire and the World Economy: The Nineteenth Century". International Journal of Middle East Studies. Cambridge University Press. 23 (3).
  197. ^ Quataert 2000, p. 115.
  198. ^ Quataert 2000, p. 116.
  199. ^ McCarthy, Justin (1995). Death and exile: the ethnic cleansing of Ottoman Muslims, 1821–1922. Darwin Press. p. [page needed]. ISBN 978-0-87850-094-9.
  200. ^ a b Bertold Spuler (2003). Persian Historiography And Geography. Pustaka Nasional Pte Ltd. p. 69. ISBN 978-9971-77-488-2.
  201. ^ "The Ottoman Constitution, promulgated the 7th Zilbridge, 1293 (11/23 December 1876)". The American Journal of International Law. 2 (4): 376. 1908. JSTOR 2212668.
  202. ^ Kemal H. Karpat (2002). Studies on Ottoman Social and Political History: Selected Articles and Essays. Brill. p. 266. ISBN 978-90-04-12101-0.
  203. ^ a b c d İçduygu, Ahmet; Toktaş, Şule; Ali Soner, B. (1 February 2008). "The politics of population in a nation-building process: emigration of non-Muslims from Turkey". Ethnic and Racial Studies. 31 (2): 358–89. doi:10.1080/01419870701491937. hdl:11729/308. S2CID 143541451.
  204. ^ Gunduz, Sinasi Change And Essence: Dialectical Relations Between Change And Continuity in the Turkish Intellectual Traditions Cultural Heritage and Contemporary Change. Series IIA, Islam, V. 18, pp. 104–05
  205. ^ "Tile". Victoria & Albert Museum. 25 August 2009. Retrieved 26 August 2010.
  206. ^ Change And Essence: Dialectical Relations Between Change And Continuity in the Turkish Intellectual Traditions Cultural Heritage and Contemporary Change. Series IIA, Islam, V. 18, p.104-105
  207. ^ Middle East Institute: "Salafism Infiltrates Turkish Religious Discourse" By Andrew Hammond – Middle East Policy Fellow – European Council on Foreign Relations 22 July 2015,
  208. ^ The National Interest: "Turkey's 200-Year War against 'ISIS'" by Selim Koru 24 July 2015,
  209. ^ "Why there is more to Syria conflict than sectarianism". BBC News. Retrieved 5 June 2013.
  210. ^ C. Tucker, Spencer C. (2019). Middle East Conflicts from Ancient Egypt to the 21st Century: An Encyclopedia and Document Collection [4 volumes]. ABC-CLIO. pp. 364–366. ISBN 978-1-4408-5353-1.
  211. ^ S. Swayd, Samy (2009). The Druzes: An Annotated Bibliography. University of Michigan Press. p. 25. ISBN 978-0-9662932-0-3.
  212. ^ Akçam, Taner (2006). A shameful act: the Armenian genocide and the question of Turkish responsibility. New York: Metropolitan Books. p. 24. ISBN 978-0-8050-7932-6.
  213. ^ "Ottoman Empire". Encyclopædia Britannica.
  214. ^ Krummerich, Sean (1998–99). "The Divinely-Protected, Well-Flourishing Domain: The Establishment of the Ottoman System in the Balkan Peninsula". The Student Historical Journal. Loyola University New Orleans. 30. Archived from the original on 10 June 2009. Retrieved 11 February 2013.
  215. ^ "Turkish Toleration". The American Forum for Global Education. Archived from the original on 20 March 2001. Retrieved 11 February 2013.
  216. ^ a b Syed, Muzaffar Husain (2011). A Concise History of Islam. New Delhi: Vij Books India. p. 97. ISBN 978-93-81411-09-4.
  217. ^ Sachedina, Abdulaziz Abdulhussein (2001). The Islamic Roots of Democratic Pluralism. Oxford University Press. pp. 96–97. ISBN 978-0-19-513991-4. The millet system in the Muslim world provided the pre-modern paradigm of a religiously pluralistic society by granting each religious community an official status and a substantial measure of self-government.
  218. ^ Philip D. Curtin, The World and the West: The European Challenge and the Overseas Response in the Age of Empire (2002), pp. 173–92.
  219. ^ Fatma Muge Gocek, Rise of the Bourgeoisie, Demise of Empire: Ottoman Westernization and Social Change (1996) pp 138–42
  220. ^ Kemal H. Karpat, "The transformation of the Ottoman State, 1789–1908." International Journal of Middle East Studies 3#3 (1972): 243–81. online
  221. ^ Amit Bein (2011). Ottoman Ulema, Turkish Republic: Agents of Change and Guardians of Tradition. Stanford UP. p. 141. ISBN 978-0-8047-7311-9.
  222. ^ Peter Mansfield, A History of the Middle East (1991) p. 31.
  223. ^ Oleg Benesch, "Comparing Warrior Traditions: How the Janissaries and Samurai Maintained Their Status and Privileges During Centuries of Peace." Comparative Civilizations Review 55.55 (2006): 6:37–55 Online.
  224. ^ "City of Safranbolu". UNESCO World Heritage Convention. Retrieved 3 February 2017.
  225. ^ Karen Barkey, and George Gavrilis, "The Ottoman millet system: Non-territorial autonomy and its contemporary legacy." Ethnopolitics 15.1 (2016): 24–42.
  226. ^ Donald Quataert, Social Disintegration and Popular Resistance in the Ottoman Empire 1881–1908 (1083)
  227. ^ Youssef M. Choueiri, Arab Nationalism: A History: Nation and State in the Arab World (2001), pp. 56–100.
  228. ^ Gábor Ágoston and Bruce Alan Masters (2010). Encyclopedia of the Ottoman Empire. Infobase. p. 64. ISBN 978-1-4381-1025-7.
  229. ^ Naci Yorulmaz, Arming the Sultan: German Arms Trade and Personal Diplomacy in the Ottoman Empire Before World War I (IB Tauris, 2014).
  230. ^ "HISTORIOGRAPHY xiv. THE OTTOMAN EMPIRE". Iranica.
  231. ^ Halil Inalcik. "Servile Labor in the Ottoman Empire". Michigan State University. Archived from the original on 11 September 2009. Retrieved 26 August 2010.
  232. ^ Fodor, Pál (2007). "Introduction". In Dávid, Géza; Pál Fodor (eds.). Ransom Slavery along the Ottoman Borders. Leiden: Brill. pp. xii–xvii. ISBN 978-90-04-15704-0.
  233. ^ "Islam and slavery: Sexual slavery". BBC. Retrieved 26 August 2010.
  234. ^ Faroqhi, Suraiya (1998). "Migration into Eighteenth-century 'Greater Istanbul' as Reflected in the Kadi Registers of Eyüp". Turcica. Louvain: Éditions Klincksieck. 30: 165. doi:10.2143/TURC.30.0.2004296.[permanent dead link]
  235. ^ Halil İnalcık, "Has-bahçede 'Ayş u Tarab", İş Bankası Kültür Yayınları (2011)
  236. ^ Strauss, Johann. "Language and power in the late Ottoman Empire" (Chapter 7). In: Murphey, Rhoads (editor). Imperial Lineages and Legacies in the Eastern Mediterranean: Recording the Imprint of Roman, Byzantine and Ottoman Rule (Volume 18 of Birmingham Byzantine and Ottoman Studies). Routledge, 7 July 2016. ISBN 1-317-11844-8, 9781317118442. Google Books PT194-PT195.
  237. ^ Strauss, Johann. "Language and power in the late Ottoman Empire" (Chapter 7). In: Murphey, Rhoads (editor). Imperial Lineages and Legacies in the Eastern Mediterranean: Recording the Imprint of Roman, Byzantine and Ottoman Rule (Volume 18 of Birmingham Byzantine and Ottoman Studies). Routledge, 7 July 2016. ISBN 1-317-11844-8, 9781317118442. Google Books PT195.
  238. ^ Murat Belge (2005). Osmanlı'da kurumlar ve kültür. İstanbul Bilgi Üniversitesi Yayınları. p. 389. ISBN 978-975-8998-03-6.
  239. ^ Mignon, Laurent (2005). Neither Shiraz nor Paris: papers on modern Turkish literature. Istanbul: ISIS. p. 20. ISBN 978-975-428-303-7. Those words could have been readily adopted by Hovsep Vartanyan (1813–1879), the author, who preferred to remain anonymous, of The Story of Akabi (Akabi Hikyayesi), the first novel in Turkish, published with Armenian characters in the same year as Hisarian's novel.
  240. ^ Masters, Bruce; Ágoston, Gábor (2009). Encyclopedia of the Ottoman Empire. New York: Facts On File. p. 440. ISBN 978-1-4381-1025-7. Written in Turkish using the Armenian alphabet, the Akabi History (1851) by Vartan Pasha is considered by some to be the first Ottoman novel.
  241. ^ Pultar, Gönül (2013). Imagined identities : identity formation in the age of globalism (First ed.). [S.l.]: Syracuse University Press. p. 329. ISBN 978-0-8156-3342-6. In fact, one of the first Turkish works of fiction in Western-type novel form, Akabi Hikayesi (Akabi's Story), was written in Turkish by Vartan Pasha (born Osep/Hovsep Vartanian/Vartanyan, 1813–1879) and published in Armenian characters in 1851.
  242. ^ Gürçaglar, Şehnaz; Paker, Saliha; Milton, John (2015). Tradition, Tension and Translation in Turkey. John Benjamins Publishing Company. p. 5. ISBN 978-90-272-6847-1. It is interesting that the first Ottoman novel in Turkish, Akabi Hikayesi (1851, Akabi's Story), was written and published in Armenian letters (for Armenian communities who read in Turkish) by Hovsep Vartanyan (1813–1879), known as Vartan Paşa, a leading Ottoman man of letters and journalist.
  243. ^ Moran, Berna (1997). Türk Romanına Eleştirel Bir Bakış Vol. 1. p. 19. ISBN 978-975-470-054-1.
  244. ^ Eli Shah. "The Ottoman Artistic Legacy". Israel Ministry of Foreign Affairs. Archived from the original on 13 February 2009. Retrieved 26 August 2010.
  245. ^ Faroqhi, Suraiya (2005). Subjects of the Sultan: culture and daily life in the Ottoman Empire (New ed.). London: I.B. Tauris. p. 152. ISBN 978-1-85043-760-4.
  246. ^ Faroqhi, Suraiya (2005). Subjects of the Sultan: culture and daily life in the Ottoman Empire (New ed.). London: I.B. Tauris. p. 153. ISBN 978-1-85043-760-4.
  247. ^ "Karagöz and Hacivat, a Turkish shadow play". All About Turkey. 20 November 2006. Retrieved 20 August 2012.
  248. ^ Emin Şenyer. "Karagoz, Traditional Turkish Shadow Theatre". Karagoz.net. Archived from the original on 31 January 2013. Retrieved 11 February 2013.
  249. ^ Bert Fragner, "From the Caucasus to the Roof of the World: a culinary adventure", in Sami Zubaida and Richard Tapper, A Taste of Thyme: Culinary Cultures of the Middle East, London, Prague and New York, p. 52
  250. ^ "Artist Feature: Who Was Osman Hamdi Bey?". How To Talk About Art History. 27 April 2017. Retrieved 13 June 2018.
  251. ^ Ragep, F. J. (2005). "Ali Qushji and Regiomontanus: eccentric transformations and Copernican Revolutions". Journal for the History of Astronomy. Science History Publications Ltd. 36 (125): 359–71. Bibcode:2005JHA....36..359R. doi:10.1177/002182860503600401. S2CID 119066552.
  252. ^ Sevim Tekeli (1997). "Taqi al-Din". Encyclopaedia of the history of science, technology and medicine in non-western cultures. Encyclopaedia of the History of Science. Kluwer. Bibcode:2008ehst.book.....S. ISBN 978-0-7923-4066-9.
  253. ^ El-Rouayheb, Khaled (2015). Islamic Intellectual History in the Seventeenth Century: Scholarly Currents in the Ottoman Empire and the Maghreb. Cambridge University Press. pp. 18–19. ISBN 978-1-107-04296-4.
  254. ^ Ahmad Y Hassan (1976), Taqi al-Din and Arabic Mechanical Engineering, p. 34–35, Institute for the History of Arabic Science, University of Aleppo
  255. ^ Ben-Zaken, Avner (2004). "The Heavens of the Sky and the Heavens of the Heart: the Ottoman Cultural Context for the Introduction of Post-Copernican Astronomy". The British Journal for the History of Science. Cambridge University Press. 37: 1–28. doi:10.1017/S0007087403005302. S2CID 171015647.
  256. ^ Bademci, G. (2006). "First illustrations of female Neurosurgeons in the fifteenth century by Serefeddin Sabuncuoglu". Neurocirugía. 17 (2): 162–65. doi:10.4321/S1130-14732006000200012. PMID 16721484.
  257. ^ "Ottoman Empire". History.com. Retrieved 26 August 2010. “Additionally, some of the greatest advances in medicine were made by the Ottomans. They invented several surgical instruments that are still used today, such as forceps, catheters, scalpels, pincers and lancets”
  258. ^ Horton, Paul (July–August 1977). "Topkapi's Turkish Timepieces". Saudi Aramco World: 10–13. Archived from the original on 22 November 2008. Retrieved 12 July 2008.
  259. ^ a b Jean Batou (1991). Between Development and Underdevelopment: The Precocious Attempts at Industrialization of the Periphery, 1800–1870. Librairie Droz. pp. 193–96. ISBN 978-2-600-04293-2.

Further reading

General surveys

  • The Cambridge History of Turkey online
    • Volume 1: Kate Fleet ed., "Byzantium to Turkey 1071–1453." Cambridge University Press, 2009.
    • Volume 2: Suraiya N. Faroqhi and Kate Fleet eds., "The Ottoman Empire as a World Power, 1453–1603." Cambridge University Press, 2012.
    • Volume 3: Suraiya N. Faroqhi ed., "The Later Ottoman Empire, 1603–1839." Cambridge University Pres, 2006.
    • Volume 4: Reşat Kasaba ed., "Turkey in the Modern World." Cambridge University Press, 2008.
  • Agoston, Gabor and Bruce Masters, eds. Encyclopedia of the Ottoman Empire (2008)
  • Faroqhi, Suraiya. The Ottoman Empire: A Short History (2009) 196pp
  • Finkel, Caroline (2005). Osman's Dream: The Story of the Ottoman Empire, 1300–1923. Basic Books. ISBN 978-0-465-02396-7.
  • Hathaway, Jane (2008). The Arab Lands under Ottoman Rule, 1516–1800. Pearson Education Ltd. ISBN 978-0-582-41899-8.
  • Howard, Douglas A. (2017). A History of the Ottoman Empire. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-72730-3.
  • Koller, Markus (2012), Ottoman History of South-East Europe, EGO - European History Online, Mainz: Institute of European History, retrieved: March 25, 2021 (pdf).
  • Imber, Colin (2009). The Ottoman Empire, 1300–1650: The Structure of Power (2 ed.). New York: Palgrave Macmillan. ISBN 978-0-230-57451-9.
  • İnalcık, Halil; Donald Quataert, eds. (1994). An Economic and Social History of the Ottoman Empire, 1300–1914. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-57456-3. Two volumes.
  • Kia, Mehrdad, ed. The Ottoman Empire: A Historical Encyclopedia (2 vol 2017)
  • Lord Kinross. The Ottoman centuries : the rise and fall of the Turkish empire (1979) online popular history espouses old "decline" thesis
  • McCarthy, Justin. The Ottoman Turks: An Introductory History to 1923. (1997) Questia.com, online edition.
  • Mikaberidze, Alexander. Conflict and Conquest in the Islamic World: A Historical Encyclopedia (2 vol 2011)
  • Miller, William. The Ottoman Empire and its successors, 1801–1922 (2nd ed 1927) online, strong on foreign policy
  • Quataert, Donald. The Ottoman Empire, 1700–1922. 2005. ISBN 0-521-54782-2.
  • Şahin, Kaya. "The Ottoman Empire in the Long Sixteenth Century." Renaissance Quarterly (2017) 70#1: 220–234 online
  • Somel, Selcuk Aksin. Historical Dictionary of the Ottoman Empire (2003). pp. 399 excerpt
  • Stavrianos, L. S. The Balkans since 1453 (1968; new preface 1999) online
  • Tabak, Faruk. The Waning of the Mediterranean, 1550–1870: A Geohistorical Approach (2008)

Early Ottomans

  • Kafadar, Cemal (1995). Between Two Worlds: The Construction of the Ottoman State. U of California Press. ISBN 978-0-520-20600-7.
  • Lindner, Rudi P. (1983). Nomads and Ottomans in Medieval Anatolia. Bloomington: Indiana University Press. ISBN 978-0-933070-12-7.
  • Lowry, Heath (2003). The Nature of the Early Ottoman State. Albany: SUNY Press. ISBN 978-0-7914-5636-1.

Diplomatic and military

  • Ágoston, Gábor (2014). "Firearms and Military Adaptation: The Ottomans and the European Military Revolution, 1450–1800". Journal of World History. 25: 85–124. doi:10.1353/jwh.2014.0005. S2CID 143042353.
  • Aksan, Virginia (2007). Ottoman Wars, 1700–1860: An Empire Besieged. Pearson Education Limited. ISBN 978-0-582-30807-7.
  • Aksan, Virginia H. "Ottoman Military Matters." Journal of Early Modern History 6.1 (2002): 52–62, historiography; online
  • Aksan, Virginia H. "Mobilization of Warrior Populations in the Ottoman Context, 1750–1850." in Fighting for a Living: A Comparative Study of Military Labour: 1500–2000 ed. by Erik-Jan Zürcher (2014)online.
  • Aksan, Virginia. "Breaking the spell of the Baron de Tott: Reframing the question of military reform in the Ottoman Empire, 1760–1830." International History Review 24.2 (2002): 253–277 online.
  • Aksan, Virginia H. "The Ottoman military and state transformation in a globalizing world." Comparative Studies of South Asia, Africa and the Middle East 27.2 (2007): 259–272 online.
  • Aksan, Virginia H. "Whatever happened to the Janissaries? Mobilization for the 1768–1774 Russo-Ottoman War." War in History 5.1 (1998): 23–36 online.
  • Albrecht-Carrié, René. A Diplomatic History of Europe Since the Congress of Vienna (1958), 736pp; a basic introduction, 1815–1955 online free to borrow
  • Çelik, Nihat. "Muslims, Non-Muslims and Foreign Relations: Ottoman Diplomacy." International Review of Turkish Studies 1.3 (2011): 8–30. online
  • Fahmy, Khaled. All the Pasha's Men: Mehmed Ali, His Army and the Making of Modern Egypt (Cambridge UP. 1997)
  • Gürkan, Emrah Safa (2011), Christian Allies of the Ottoman Empire, EGO - European History Online, Mainz: Institute of European History, retrieved: March 25, 2021 (pdf).
  • Hall, Richard C. ed. War in the Balkans: An Encyclopedic History from the Fall of the Ottoman Empire to the Breakup of Yugoslavia (2014)
  • Hurewitz, Jacob C. "Ottoman diplomacy and the European state system." Middle East Journal 15.2 (1961): 141–152. online
  • Merriman, Roger Bigelow. Suleiman the Magnificent, 1520–1566 (Harvard UP, 1944) online
  • Miller, William. The Ottoman Empire and its successors, 1801–1922 (2nd ed 1927) online, strong on foreign policy
  • Nicolle, David. Armies of the Ottoman Turks 1300–1774 (Osprey Publishing, 1983)
  • Palmer, Alan. The Decline and Fall of the Ottoman Empire (1994).
  • Rhoads, Murphey (1999). Ottoman Warfare, 1500–1700. Rutgers University Press. ISBN 978-1-85728-389-1.
  • Soucek, Svat (2015). Ottoman Maritime Wars, 1416–1700. Istanbul: The Isis Press. ISBN 978-975-428-554-3.
  • Uyar, Mesut; Erickson, Edward (2009). A Military History of the Ottomans: From Osman to Atatürk. ISBN 978-0-275-98876-0.

Specialty studies

  • Baram, Uzi and Lynda Carroll, editors. A Historical Archaeology of the Ottoman Empire: Breaking New Ground (Plenum/Kluwer Academic Press, 2000)
  • Barkey, Karen. Empire of Difference: The Ottomans in Comparative Perspective. (2008) 357pp Amazon.com, excerpt and text search
  • Davison, Roderic H. Reform in the Ottoman Empire, 1856–1876 (New York: Gordian Press, 1973)
  • Deringil, Selim. The well-protected domains: ideology and the legitimation of power in the Ottoman Empire, 1876–1909 (London: IB Tauris, 1998)
  • Findley, Carter V. Bureaucratic Reform in the Ottoman Empire: The Sublime Porte, 1789–1922 (Princeton University Press, 1980)
  • McMeekin, Sean. The Berlin-Baghdad Express: The Ottoman Empire and Germany's Bid for World Power (2010)
  • Mikhail, Alan. God's Shadow: Sultan Selim, His Ottoman Empire, and the Making of the Modern World (2020) excerpt on Selim I (1470–1529)
  • Pamuk, Sevket. A Monetary History of the Ottoman Empire (1999). pp. 276
  • Stone, Norman "Turkey in the Russian Mirror" pp. 86–100 from Russia War, Peace and Diplomacy edited by Mark & Ljubica Erickson, Weidenfeld & Nicolson: London, 2004 ISBN 0-297-84913-1.
  • Yaycioglu, Ali. Partners of the empire: The crisis of the Ottoman order in the age of revolutions (Stanford UP, 2016), covers 1760–1820 online review.

Historiography

  • Aksan, Virginia H. "What's Up in Ottoman Studies?" Journal of the Ottoman and Turkish Studies Association 1.1–2 (2014): 3–21. online
  • Aksan, Virginia H. "Ottoman political writing, 1768–1808." International Journal of Middle East Studies 25.1 (1993): 53–69 online.
  • Finkel, Caroline. "Ottoman history: whose history is it?." International Journal of Turkish Studies 14.1/2 (2008).
  • Gerber, Haim. "Ottoman Historiography: Challenges of the Twenty-First Century." Journal of the American Oriental Society, 138#2 (2018), p. 369+. online
  • Hartmann, Daniel Andreas. "Neo-Ottomanism: The Emergence and Utility of a New Narrative on Politics, Religion, Society, and History in Turkey" (PhD Dissertation, Central European University, 2013) online.
  • Eissenstat, Howard. "Children of Özal: The New Face of Turkish Studies" Journal of the Ottoman and Turkish Studies Association 1#1 (2014), pp. 23–35 DOI: 10.2979/jottturstuass.1.1-2.23 online
  • Kayalı, Hasan (December 2017). "The Ottoman Experience of World War I: Historiographical Problems and Trends". The Journal of Modern History. 89 (4): 875–907. doi:10.1086/694391. ISSN 0022-2801. S2CID 148953435.
  • Lieven, Dominic. Empire: The Russian Empire and its rivals (Yale UP, 2002), comparisons with Russian, British, & Habsburg empires. excerpt
  • Mikhail, Alan; Philliou, Christine M. "The Ottoman Empire and the Imperial Turn," Comparative Studies in Society & History (2012) 54#4 pp. 721–45. Comparing the Ottomans to other empires opens new insights about the dynamics of imperial rule, periodisation, and political transformation
  • Olson, Robert, "Ottoman Empire" in Kelly Boyd, ed. (1999). Encyclopedia of Historians and Historical Writing vol 2. Taylor & Francis. pp. 892–96. ISBN 978-1-884964-33-6.
  • Quataert, Donald. "Ottoman History Writing and Changing Attitudes towards the Notion of 'Decline.'" History Compass 1 (2003): 1–9.
  • Yaycıoğlu, Ali. "Ottoman Early Modern." Journal of the Ottoman and Turkish Studies Association 7.1 (2020): 70–73 online.
  • Yılmaz, Yasir. "Nebulous Ottomans vs. Good Old Habsburgs: A Historiographical Comparison." Austrian History Yearbook 48 (2017): 173–190. Online

External links

Listen to this article
(2 parts, 1 hour and 15 minutes)
These audio files were created from a revision of this article dated 29 March 2008 (2008-03-29), and do not reflect subsequent edits.